| 土木 | 製品情報 | JFEスチールJFEスチール株式会社
  • 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

採用事例・トピックス

建築分野で紹介している製品の採用事例とトピックスです。

突起付 H 形鋼『ストライプ HTM』が八ッ場ダム水門柱構築工事で採用
~鉄筋コンクリート構造物の耐震性と品質の向上に貢献~

2019

八ッ場ダム ( 群馬県吾妻郡長野原町 ) 堤体上の水門柱の構築工事 (※1) に、当社の突起付 H 形鋼『ストライプ HTM』が鉄筋コンクリート構造における主鉄筋の代替として適用されました。これまでは急速施工が必要な場合の橋脚用主鉄筋の代替としての採用が主体であり、橋脚以外の構造物へは初採用となります。『ストライプ HTM』の適用により、巨大地震に備えた耐震性の向上と施工品質の向上が実現されました。

『ストライプ HTM』適用によるコンクリート構造施工効率化のイメージ

J-WALLⅡ

八ッ場ダムにおける『ストライプ HTM』の施工状況

J-WALLⅡ

[ 関連製品 ]

香川県庁舎東館耐震改修工事に「J-WALL®Ⅱ工法」を初適用
~従来工法では施工困難な狭あいスペースで地下壁を構築~

2019

仮設の土留め用鋼矢板を利用して薄い部材厚で高剛性・高耐力の本設地下壁を構築する「J-WALL®Ⅱ工法」を香川県庁舎東館耐震改修工事(発注者:香川県、工事監理:株式会社松田平田設計、竣工:2019 年 12 月予定)に初適用しました。

現在施工中の香川県庁舎東館耐震改修工事では、地中に地下ピットを設けて建物下部に免震装置を装備する免震レトロフィット工法を採用しています(図 1)。受注段階では、地下ピット外周の土留め壁として仮設の鋼矢板を設けた後に新設の地下壁を構築し、その後仮設鋼矢板を撤去する従来工法で計画されていましたが、地下壁が隣地境界線と接しているうえ、設置スペースがわずか 600mm程度しかない部分があるため、本工事では「J-WALL®Ⅱ工法」を採用し、狭あいな場所での地下壁の構築を実現しました。

J-WALLⅡ

[ 関連製品 ]

『つばさ杭 ®』がベトナムの公的技術基準(TCCS)を取得
~ベトナムのインフラ発展への貢献を目指して~

2019

当社の先端翼付き回転貫入鋼管杭『つばさ杭』がベトナムにおける公的技術基準である TCCS を取得しました。この TCCS は、当社の独自商品である『つばさ杭』の日本における建設技術審査証明をベースに、『つばさ杭』の設計・施工要領を定めたもので、鋼管杭などの材料規格や溶接方法などをベトナムの規格に合わせ、ベトナム国内で採用しやすい内容にカスタマイズしています。また、設計で重要となる支持力推定式については、日本国内で認証されている支持力推定式を反映し、日本の優れた技術を生かした内容となっています。今後『つばさ杭』の PR をさらに強化して普及を図り、ベトナムのインフラ発展に貢献していきます。

[ 関連製品 ]

つばさ杭 ®

建築基礎向け高強度鋼管杭『JFE-HT590P』の製造拠点拡大と適用範囲拡大
~さらなる安定供給の実現と、お客様ニーズへのより柔軟な対応を目指して~

2019

当社はこのたび、建築基礎向け高強度鋼管杭として開発以来実績を積んでいる『JFE-HT590P』で新たに 2 つの国土交通大臣認定を取得し、製造拠点と適用範囲を拡大しました。これにより、今後『JFE-HT590P』の従来以上の安定供給を実現し、お客様のニーズへより柔軟に対応することが可能になります。

J-WALLⅡ

[ 関連製品 ]

鋼管杭の機械式継手『ハイメカネジ ®』の大幅リニューアルと審査証明取得
~適用範囲拡大・施工性アップ・コンパクト化を実現~

2018

このたび、鋼管杭の機械式継手『ハイメカネジ』(※1)を大幅リニューアルしました。従来品と比較して適用範囲拡大・施工性アップ・コンパクト化を実現し、施工現場のニーズにより一層応えられる商品になりました。また、2018 年 5 月に、一般財団法人 土木研究センターによる建設技術審査証明を取得(内容変更)(※2)しています。

J-WALLⅡ

[ 関連製品 ]

「つばさ杭 ®」の海外案件向け初納入について

2017

当社の先端翼付き回転貫入鋼管杭(以下、「回転杭」)である「つばさ杭 ®」が、海外の建設工事に初めて適用され、製品の納入および施工を完了しました。

つばさ杭は、当社が 1999 年に開発した、支持力性能と環境性能を兼ね備えた回転杭です。これまで国内において、主に建築基礎や橋梁基礎向けなど、累計 800 件、鋼材重量にして 15 万トンを超える納入実績があります。
今回、日本国の無償援助案件として発注された、トンガ王国の国内輸送船用埠頭改善計画において、回転杭が旅客ターミナルビルの新設基礎杭として設計採用されました。

これに対し当社は、回転杭の製造を日本ではなく、ベトナムの当社管理下にある工場で行うことを提案し、そのコスト競争力が評価され、つばさ杭が採用されました。

今回は、南太平洋の島国での案件で、施工に必要な資機材をタイムリーに入手することが難しく、また施工基盤が珊瑚石灰岩で、杭の打ち止めが厳しい環境でした。しかし、これまでに日本国内で培った知見やノウハウを生かし、つばさ杭の納入および施工を完了しました。

[ 関連製品 ]

つばさ杭 ®

国内最大級の支持力「コン剛パイル ® 工法」の開発と評定取得
~建築基礎向けの高支持力先端拡大根固め杭工法~

2017

JFE スチール株式会社とジャパンパイル株式会社はこのたび、新たな高支持力先端拡大根固め杭工法「コン剛パイル® 工法」を共同開発し、2017 年 3 月 29 日に(一財)ベターリビングの評定を取得しました。これは、国内最大級の支持力を誇る杭工法で、杭先端部の内外面に鉄筋を取り付けた鋼管と、根固め球根を一体化させることにより大きな支持力を得ます。

[ 関連製品 ]

コン剛パイル ® 工法

鋼矢板を活用した合成地下壁構築技術『J-WALLⅡ工法』を開発、審査証明取得
~省スペース・狭あい地でのコストダウンに貢献~

2016

JFEスチール株式会社、株式会社大林組およびジェコス株式会社の 3 社は共同で、地下壁の施工に際し、仮設土留め壁として利用した特殊な鋼矢板と鉄筋コンクリートを一体化させて本設の合成地下壁を構築する『J-WALLⅡ工法』を開発し、一般財団法人 国土技術研究センター(JICE)より、平成 27 年 12 月 3 日付で建設技術審査証明を取得しました。

J-WALLⅡ

[ 関連製品 ]

このページの上部へ