• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language

鋼管矢板基礎

特 長

鋼管矢板基礎は、P-P型継手の鋼管矢板を円形・矩形・小判形等の井筒形状に支持層まで設置するものです。鋼管矢板の継手管内をモルタルで充填し、その頭部を頂版(フーチング)により剛結合することによってが一体の基礎として挙動します。
これまでに、長大橋や大型構造物の基礎として、全国で数多く採用されています。

鋼管矢板基礎
仮締切兼用
1.
工期短縮および工費節減が可能
2.
施工中の安全が増大
3.
工事中の占有面積が小さく、近接施工も可能
大水深・軟弱地盤、支持層が深い場合でも施工が可能
合理的かつ経済的な設計が可能
1.
条件に応じた最適形状が選定できる
2.
占有面積を低減(杭基礎と比較)
井筒形状
井筒形状
継手形状
形状 継手材料 継手質量
(kg/m)
継手単位質量
(kg/m)
φ165.2 × t9 34.7 × 2 69.4
φ165.2 × t11 41.8 × 2 83.6
このページのトップへ

事例紹介

主な利用分野

河川、海上部橋脚基礎、 大型構造物の基礎

主な採用理由

・大水深、軟弱地盤地域で施工が可能。
・工事専有面積が限られている。

実績例

実績例
実績例

施 主:日本道路公団名古屋建設局四日市工事事務所
工事名称:第二名神高速道路木曽川橋(下部工)工事

実績例

施 主:愛知県企業庁
工事名称:空港島道路連絡橋下部築造工事TKH12-5

実績例

施 主:日本鉄道建設公団名古屋建設局
工事名称:中空連鉄、空港連絡B(東)他

このページのトップへ

周辺技術

1. 継手管のプレカット
2. 継手管の先端を半閉塞の構造
3. 仮締切部の止水処理
4. 連結継手
5. ノンプレカット水中切断機「プラズマカッター」
周辺技術資料
このページのトップへ

製品仕様

製品の仕様に関することは、鋼管矢板のカタログ(PDF)をご覧下さい。

鋼管矢板カタログ
このページのトップへ

機械式継手

JFEスチールでは、通常の溶接継手以外にも機械式継手を用意しています。

ハイメカネジ®
カシーン®
このページのトップへ

関連工法

ハイパーウェルSP
このページのトップへ

このページの上部へ