• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

JFEスチールの社会貢献活動

JFEスチールの社会貢献活動について

企業活動をグローバルに行っていくうえで、巨大な設備を有し生産活動を行う製鉄所・製造所が、地域の雇用・経済活動や大気・水環境へ及ぼす影響は少なくありません。JFEスチールにおいては、「地域コミュニティの活性化」を通じて、製造拠点の近隣地域や企業活動を行う各地域のより多くの皆様に当社グループ事業への理解を深めていただき、ともに地域振興を推進していくことが重要であると考えています。そのため、企業活動における安全確保や環境負荷低減に向けた継続的な取り組みに加え、地域の発展に資する「地域コミュニティの活性化」、「次世代育成」、「環境保全」、「スポーツ・文化振興」を中心とした社会貢献活動を推進しています。

地域・社会とともに

工場見学会の開催

各製鉄所・製造所では、小中学生の社会科見学や、夏休みや冬休み長期休み期間における親子向け見学などの各種工場見学会を1年を通じて開催しています。
近隣に自動車・化学・石油・造船など、重化学工業企業が多数立地する西日本製鉄所(倉敷地区)では、夏休みに、三菱自動車工業㈱やサノヤス造船㈱、水島臨海鉄道㈱などの他企業とのコラボ見学会を実施しています。
毎年、全地区合計10万人を超える方々に鉄の製造現場をご見学いただき、多くの方に鉄鋼業をより身近に感じていただける機会となっています。

  • 写真1 工場見学会
  • 写真2 工場見学会

まつり・フェスタの開催

毎年、地域の皆様のために、各製造拠点を開放してショーや工場見学会などのイベントを実施しています。全地区累計で約28万人もの来場者の皆様に各イベントをお楽しみいただくとともに、鉄鋼業や当社への理解を深めていただいています。

  • 写真1 まつり・フェスタ
  • 写真2 工まつり・フェスタ
  • 写真3 まつり・フェスタ

社会福祉協議会への寄付

各地区のまつりやフェスタの収益金を社会福祉協議会へ寄付しています。
西日本製鉄所(倉敷地区)では、チャリティーバザーの売上金で高齢者疑似体験グッズを購入し、倉敷市社会福祉協議会に寄贈し、出前福祉講座などで役立てていただいています。
東日本製鉄所(千葉地区)や西日本製鉄所(福山地区)では、リサイクルフェアの売上金を社会福祉協議会を通じて寄付することで社会福祉に役立てていただいています。

社会福祉協議会への寄付

小学校での出前授業の実施

地域貢献活動の一環として、近隣の小学校に出向いて、鉄の製造プロセスや製鉄所の特徴、環境への取り組みなどを解説して鉄鋼業への理解を深めてもらう出前授業を実施しています。
この取り組みは、子どもたちを対象に全社で年間を通じて実施しており、東日本製鉄所(千葉地区)では2017年度に初めて聾学校でも実施しました。

  • 写真1 小学校での出前授業
  • 写真2 小学校での出前授業

地域清掃活動の実施

各製鉄所・製造所では、近隣地域の清掃活動を行っています。
JFEグループおよび協力会社を含めた多くの社員が製鉄所に近接する公道の清掃活動を行い、地域貢献をしています。
西日本製鉄所(倉敷地区)では、毎年新入社員が製鉄所近隣の幼稚園および認定こども園にて、草むしりや雨樋の清掃などを行っています。
西日本製鉄所(福山地区)では、芦田川河川敷一斉清掃(主催:国土交通省中国地方整備局福山河川国道事務所)に毎年参加しており、その活動が評価され2017年には福山河川国道事務所長より感謝状が授与されました。
また、製鉄所・製造所以外においても、当社四国支社(香川県高松市)をなどのJFEグループ各社で構成する「JFE四国グループ会」が桃太郎伝説の鬼ヶ島として有名な高松氏女木島の清掃ボランティアを実施し、女木島の美化に貢献するなど、全国各地の支社においても活動を実施しています。

  • 写真1 地域清掃活動
  • 写真2 地域清掃活動

自治体と連携した災害対応・防災対策

各製鉄所・製造所では地域防災に寄与する取り組みを積極的に行っています。
東日本製鉄所(千葉地区)では、「災害時における電気自動車及びパワーコンディショナーの使用に関する協定」を千葉市と締結し、災害時等に、千葉地区が所有する電気自動車を「動く充電池」として市内に派遣、給電するほか、ガソリン不足発生時には公用車代替として無償貸与します。千葉地区では、既に22台の電気自動車を導入しており、2019年の台風15号による豪雨災害時には千葉市からの要請に対して電気自動車を福祉施設等に貸与し現地の電気供給に役立てていただきました。
東日本製鉄所(千葉地区)西宮工場では、大規模災害発生時の救援部隊の活動拠点として、所内敷地の一部等を無償提供することを西宮市と締結しています。
西日本製鉄所(倉敷地区)では、津波発生時、当社の所有するグラウンドを倉敷市の津波避難場所として提供しています。
西日本製鉄所(福山地区)では、所内だけではなく福山市をはじめとした近隣の自治体への出動も可能な大型排水ポンプ車を導入し、豪雨による冠水被害などの対策を実施しています。
知多製造所では、防災協定を半田市・武豊町と締結しています。地震警戒宣言発令時の避難場所やヘリポートとして所内施設を無償貸与するほか、大規模災害時には所内の耐震補強岸壁を緊急輸送等に活用します。

  • 写真1 災害対応・防災対策
  • 写真2 災害対応・防災対策

「アクティブ体操®」の実施と普及活動

転倒による怪我や体力低下を防止する体操として、西日本製鉄所(倉敷地区)で考案した「アクティブ体操」を全社で実施しています。
この体操は、労働災害予防や健康増進のためのツールとして社外からも注目を集めており、社会貢献の観点から、普及推進を図っています。

アクティブ体操

地域開放型の事業所内保育所を開設

子育て世代が働きやすい就労環境を整えるため、当社では各製鉄所に事業所内保育所を開設しています。
東日本製鉄所では、周辺地域において保育所の利用ニーズが高まっていることを踏まえ、地域貢献活動の一環として地域開放型の保育園とし、保育所の定員の一部を地域の皆様にご利用いただいています。

事業所内保育所

伝統行事「さし石さんが大会」に協力

東日本製鉄所(千葉地区)では、NPO法人Drops・千葉市中央区神明町自治会と連携し、さし石(または力石)と呼ばれる石を持ち上げる力比べをする伝統行事「さし石さんが大会」を2016年に復活させ、その後毎年開催しています。大会では、子どもの部・大人の部・最重量の部に分かれ、7㎏~173㎏の石の中から持ち上げる石を選択し、10秒間持ち上げられるかを競います。2019年の大会では競技者・観客合わせて約200名の方々に参加いただき、地域の皆様が地元の歴史に触れ、さらに地元への愛着を深めていただく機会になっています。

  • 写真1 さし石さんが大会
  • 写真2 さし石さんが大会

地域イベント「まちたびにしのみや」に参画

東日本製鉄所(千葉地区)西宮工場では、西宮観光協会が主催する「まちたびにしのみや」に2015年から参画しています。
西宮市の多彩な魅力に触れていただくことを目的とした当イベントでは、工場見学と西宮工場で製造したステンレス鋼板を使用した工作教室を実施しており、参加者の皆様に鉄鋼業への理解を深めていただくとともに、ものづくりの楽しさを実感していただいています。

  • 写真1 まちたびにしのみや
  • 写真2 まちたびにしのみや

ものづくり教室の開催

知多製造所では近隣地域の小学生を対象とした「ものづくり教室」を開催し、工場見学と組み合わせたり、自治体主催イベントへ出張するなどし毎年多くの子どもたちに参加いただいています。
減摩合金を使用したオリジナルキーホルダーづくりを通して、子どもたちにものづくりの楽しさを伝え、科学への興味関心を醸成するほか、“先生役”には、かつてものづくりのプロであった知多製造所のOBがボランティアで協力しており、世代を超えた交流の場も生み出しています。

  • 写真1 ものづくり教室
  • 写真2 ものづくり教室

このページのトップに戻る

次世代育成

ベトナム・ミャンマーの大学へ技術者育成の支援

東南アジアの大学との共同研究の推進とともに、技術者育成を支援しています。
ベトナムのハノイ国家土木大学、ホーチミン工科大学にて産学連携による寄付講座を実施し、土木・建築学科の学生を対象に講義や実習を行うインターンを行っているほか、ダナン大学、ミャンマーのヤンゴン工科大学、マンダレー工科大学にて土木工学や日本語を学ぶ優秀な学生に対して、奨学金を授与する取り組みを行っています。

ベトナム・ミャンマーの大学

インターン生の受け入れ

各製鉄所や研究所では、学生への就業体験の提供、業務紹介などを目的にインターンシップを実施し、全国の大学生、高専生を受け入れいています。
また、国内だけでなく海外からのインターンシップの受け入れも行っています。
スチール研究所では、北米・アジア・欧州などさまざまな国や地域から、学生、教員、企業の研究員といったインターンシップ生を受け入れ、ひとつのテーマを設定し、当社の研究員と議論しながら研究開発に取り組むことで、今後のキャリア形成に活かしていただいています。
また、東日本製鉄所(京浜地区)では、神奈川県経営者協会が主催している留学生インターンシップに協力し、毎年3~4名の学生を受け入れ、日系企業の経営の仕組みやノウハウを学んでいただいています。

  • 写真1 インターン風景
  • 写真2 インターン風景

高校生科学技術チャレンジ「JSEC」への協賛

全国の高等学校と高等専門学校の生徒を対象とした科学技術分野の自由研究コンテスト「高校生科学技術チャレンジ(JSEC)」(主催:朝日新聞社、テレビ朝日)に第4回(2006年)より協賛し、科学技術分野で活躍する人材の育成を願い、これまで多くの学生に「JFEスチール賞」を贈っています。
また、今後の研究に役立てていただくために、JFEスチール賞受賞校に対して研究機器の贈呈と、製鉄所とスチール研究所の見学会へ招待しています。
JFEスチール賞受賞者をはじめとするJSECの上位受賞者は、米国で開催される国際大会Intel ISEFに派遣され、世界中の若手科学者たちとの交流を深めています。

高校生科学技術チャレンジ

職場体験の受け入れ

東日本製鉄所では、近隣地域の中学生の職場体験を受け入れています。
また、東日本製鉄所(千葉地区)では児童養護施設で暮らす中学生を対象とした職場体験も受け入れており、就労体験や社会人との対話を通して、勤労観や職業観を育んだり、進路について考えたりする機会を提供しています。

職場体験

キャリア教育支援

東日本製鉄所(千葉地区)では、2014年度より、千葉市と千葉大学が連携して実施しているキャリア教育プロジェクト「西千葉子ども起業塾」に協力し、千葉市の小中学生を対象に、起業と仕事を学ぶ場を提供しています。
また、2015年度からは千葉市教育委員会が実施している「千葉市放課後子ども教室推進事業」に民間企業として初めて協力し、当社のベテラン社員を講師として派遣し、ものづくりの大切さや楽しさを伝えています。

キャリア教育支援

教員の民間企業研修受け入れ

(一財)経済広報センターの「教員の民間企業研修」に2006年から協力しています。
本社、研究所、製鉄所、グループ会社の見学を通じて、小・中・高校の教員の方に企業活動や人材育成、安全・環境への理解を深め、その体験を子どもに伝えていただくとともに、学校運営に活かしていただくことを目的としています。

教員の民間企業研修受け入れ

「リコチャレ」(女子学生の理工系分野への進路選択応援イベント)への参加

東日本製鉄所(京浜地区)は、JFEエンジニアリングと共同で女子学生の理工系分野への進路選択(理工チャレンジ)を応援する取り組みとして、(一社)日本経済団体連合会(経団連)が内閣府、文部科学省と共催するイベント「夏のリコチャレ~理工系のお仕事体感しよう!~」に参加し、女子中高生・女子大生を対象とした工場見学や技術系女性社員との座談会を開催しています。

リコチャレ

NPO法人学校サポートセンターとの連携

NPO法人学校サポートセンターと連携し、中高生向けのキャリア教育として鉄鋼業の社会的役割や働くことの意義、進路選択などについての理解を深め、考える機会を提供するための研修を企画し、受け入れを行っています。

NPO法人学校サポートセンター

このページのトップに戻る

環境保全

ほたる幼虫放流会・「ほたるの夕べ(ほたる観賞会)」を開催

知多製造所では2014年度より「ほたる幼虫放流会」を毎年開催しています。
愛知県半田市・武豊町のご後援のもと、所内の環境池に地元の保育園・幼稚園の子どもたちをお招きし、ホタルの生態の学習や幼虫の放流を行っています。
また放流会の2か月ほど後には、地域住民を対象とした「ほたる夕べ(観賞会)」を開催しています。
当日は定員を設定することなく製造所を一般開放。近隣住民の皆様との貴重な交流の機会となっているほか、生物多様性の保全の大切さを学ぶ機会となっています。

  • 写真1ほたるの夕べ(ほたる観賞会)
  • 写真2ほたるの夕べ(ほたる観賞会)
  • 写真3ほたるの夕べ(ほたる観賞会)

環境に関する展示会等に出展

JFEグループでは、毎年日本最大級の環境展示会「エコプロ」(主催:(一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社)に出展しています。
JFEスチールは、鉄がうまれて社会で活用され、リサイクルされるまでのライフサイクル全体で見た際に環境にやさしい素材である鉄の魅力や、当社の環境負荷低減に寄与する商品・技術を、展示物や体験を通じて小学生から大人まで多くの来場者の皆様にご紹介しています。
東日本製鉄所(千葉地区)は、「印旛沼流域環境・体験フェア」(主催:千葉県・印旛沼流域水循環健全化会議)にブースを出展し、鉄鋼生産プロセスや製鉄所内の浄水場設備、当社の環境への取り組みなどについて地域の皆さまに知っていただく機会を設けています。
東日本製鉄所(京浜地区)は、「川崎国際環境技術展」にJFEグループ各社と共同で出展し、製鉄事業やエンジニアリング事業を通じた地球環境問題への取り組みを紹介しています。また、川崎市内で製造または研究開発された製品・技術の中から、特にCO2排出削減に寄与するものを川崎市が認定する「低CO2川崎ブランド」において、当社の製品・技術は2009年の認定事業開始以来毎年認定を受けています。

展示会

桜の施肥ボランティア

新潟支社では、市民団体「新潟市花の施肥ボランティア」を主催し、社員約10名が参加しています。
病気で老朽化した樹木が目立ち始めていたことが活動のきっかけとなっています。

桜の施肥ボランティア

鉄鋼スラグの活用

製鋼過程で発生するスラグを社会のさまざまな場面で活用し、環境保全に役立てています。
粒度調整した鉄鋼スラグ「マリンストーン®」は閉鎖性海域のヘドロ状底質からの硫化水素の発生を抑制し、生物が生息できる環境に改善するなど、海の豊かさを守っています。
また、炭酸ガスを製鋼スラグに吸収させた「マリンブロック®」などの鉄鋼スラグ製品は、生物付着基盤や海域環境改善材として有効に機能します。今後も「マリンブロック®」の共同研究を行った横浜市とともに、横浜の海の環境改善と海辺の賑わう街づくりに貢献します。

  • 藻場育成状況(マリンストーン)
    藻場育成状況(マリンストーン)
  • マリンブロックに着底した珊瑚(マリンブロック)
    マリンブロックに着底した珊瑚(マリンブロック)

このページのトップに戻る

スポーツ・文化振興

地域対象のスポーツ大会を開催

各製鉄所・製造所では、体育館やグラウンドなどの当社の福利厚生施設を開放し、陸上、サッカー、野球、バレーボール、バスケットボールなどのスポーツ大会を開催しています。小中学生からご年配の方までさまざまな年代の方にご参加いただき、それぞれの地域におけるスポーツの発展と振興に寄与しています。

  • 写真1スポーツ大会
  • 写真2 スポーツ大会

野球部と競走部による野球・陸上教室

JFE東日本硬式野球部、JFE西日本硬式野球部は社会貢献の一環として、地域の子どもたちを対象とした野球教室を開催しているほか、体を動かす楽しさを知ってもらうために近隣の保育園に出向いてティーボール教室を実施しています。
また、JFE東日本野球部は2018年より、千葉県内の児童養護施設に暮らす子どもたちを対象とした野球教室にも取り組んでいます。
JFEスチール競走部も、拠点を置く広島県福山市近辺の子どもたちを対象とした陸上教室を開催しています。
選手との交流を通じて、子どもたちに将来の夢や希望をもってもらう機会を提供しています。

  • 写真1 野球・陸上教室
  • 写真2 野球・陸上教室

「趙治勲杯囲碁大会」に協賛

毎年東日本製鉄所千葉地区にて開催される「趙治勲杯囲碁大会」に協賛し、約200名もの方にご参加いただいています(主催:趙治勲杯実行委員会、協賛:JFEスチール東日本製鉄所、(公財)JFE21世紀財団)。
2018年に行われた第20回記念イベントでは、プロ棋士をゲストでお呼びし、子どもから大人まで多くの方にプロ棋士との真剣勝負を楽しんでいただき、世代を超えた交流を生み出しています。

  • 写真1 趙治勲杯囲碁大会
  • 写真2 趙治勲杯囲碁大会

パラスポーツの理解醸成

東日本製鉄所(千葉地区)では、パラスポーツの理解醸成を促進しています。近隣地域の皆様に敷地を開放して行っているJFEちばまつりやさくらまつりではパラスポーツ体験エリアを設置しているほか、製鉄所で働く従業員を対象としたスポーツイベントにおいても競技種目にパラ競技を取り入れるなど、社員をはじめ多くの方にパラ競技に触れてもらう機会を提供しています。
現在は工場見学をされる方を受け入れる施設内にパラスポーツ紹介スペースを設けるほか、パラリンピックの正式種目でもある「ボッチャ」が体験できるエリアも設置し、見学者の方にもパラスポーツを知り、実際に触れていただく機会を提供しています。

  • 写真1 パラスポーツ
  • 写真2 パラスポーツ
  • 写真3 パラスポーツ
  • 写真4 パラスポーツ

JFE京浜吹奏楽部による演奏活動

東日本製鉄所京浜吹奏楽部は、川崎区役所まちづくり推進部地域振興課が主催する企業と市民が集い交流する行事「知ろう!学ぼう!かわさき企業市民交流Day」、「かわさきジャズ」といった催し物や、社会福祉団体主催行事などでの演奏を毎年行っています。音楽を通じて、企業・市民・行政の三者が連携し、交流を深めています。
また、近隣地域の病院での慰問演奏なども行っています。

  • 写真1 JFE京浜吹奏楽部
  • 写真2 JFE京浜吹奏楽部

このページのトップに戻る