ニュースリリース

2013RSS

[2013/12/11]
第11回(平成25年度)新機械振興賞 会長賞を受賞
-高靭性電縫管の溶接品質オンライン検査システム-
[2013/12/10]
飛躍的に加工性を高めた新高炭素熱延鋼板『スーパーホット® -G』を開発
~薄板プレス化を拡大する『スーパーホット®』シリーズのラインナップ拡充~
[2013/11/28]
製鉄所バーチャル見学アプリの製作にJFEスチールが全面協力
[2013/11/21]
鉄鋼中の極微量硫黄の高精度分析装置を世界初開発
~極低硫黄鋼の安定生産に貢献へ~
[2013/11/20]
使用済みプラスチック微粉化技術「APR」が岩谷直治記念賞を受賞
[2013/11/11]
JFE Steel Galvanizing (Thailand) Ltd. 開所式を開催
[2013/11/08]
耐震ラインパイプ『HIPER®』が「2013 R&D 100 Awards」を受賞
[2013/10/28]
JFEスチール社長賞ならびに新商品開発賞について
[2013/10/24]
改訂版「鋼構造設計便覧」を発行
[2013/10/21]
メキシコ湾超深部ガス田開発プロジェクト向け油井管1,900トンを納入
[2013/10/15]
横浜市と「きれいな海づくり」の推進に向けた共同研究を開始
~「マリンブロック®」などの鉄鋼スラグ製品を活用~
[2013/09/27]
豪州 クイーンズランド州首相が東日本製鉄所(京浜地区)を視察
[2013/09/20]
超大入熱溶接用高強度鋼板が第5回ものづくり日本大賞の経済産業大臣賞を受賞
[2013/09/18]
建築構造用高性能590N/mm2級TMCP鋼材『HBL®440』の
製造板厚範囲を拡大、国土交通大臣認定取得
[2013/08/19]
国内最厚の建築構造用ロール成形角形鋼管を商品化
~板厚25mmの冷間ロール成形角形鋼管『JBCR295』が大臣認定および設計法の評定取得~
[2013/07/10]
排熱を利用した熱電発電技術の実証試験を実施
~排熱利用の有効性を確認~
[2013/07/10]
表面処理鋼板の耐食性試験法「ACTE®」がISO国際規格に制定
~実使用環境下での耐久信頼性評価技術のグローバルスタンダードへ~
[2013/06/17]
インドネシアにおける自動車用溶融亜鉛鍍金ライン建設について
[2013/06/10]
平成25年度 日本塑性加工学会賞 大賞を受賞
~ハイブリッド潤滑による冷間タンデムミルの高速圧延技術の開発~
[2013/05/30]
西日本製鉄所(福山地区)第3製鋼工場における転炉増設について
~最新の溶銑予備処理プロセス導入~
[2013/05/16]
中国浙江省における自動車用鋼管の製造・販売合弁会社設立について
[2013/05/14]
西日本製鉄所(福山地区)世界で初めて累計粗鋼生産量4億トンを達成
[2013/04/25]
第45回市村産業賞貢献賞を受賞
~建築物の耐震安全性を実現するデザイン性に優れた鋼管ブレース~
[2013/04/22]
JFE Steel Galvanizing (Thailand) Ltd. 溶融亜鉛鍍金鋼板製造設備の稼動について
[2013/04/19]
「フェロコークス」長期製造試験と実高炉における使用試験の実施について
[2013/04/16]
平成25年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)を受賞
~施工性に優れたスプレー移行型炭酸ガスアーク溶接技術の開発~
[2013/03/25]
山口県岩国市沿岸での藻場生育基盤造成に鉄鋼スラグを活用
~転炉系製鋼スラグ1万3千m3を納入~
[2013/03/15]
福山内港における鉄鋼スラグ製品を利用した硫化物抑制実証試験における
底生生物の生息状況について
[2013/03/06]
JFEグループの2014年度採用計画について
[2013/03/04]
横浜・八景島シーパラダイスの新施設「うみファーム」に「マリンブロック®」などの鉄鋼スラグ製品が採用~海の環境改善に関する共同研究を開始~
[2013/02/26]
JFEホールディングス(株)および事業会社の役員人事について
[2013/02/19]
ノルウェー海天然ガス田開発プロジェクト向けラインパイプ32.5万トンを受注
~過去最大数量を受注~
[2013/02/19]
JFEスチール、KSPスチール、伊藤忠丸紅鉄鋼における協力関係強化について
[2013/02/07]
豪州北西部天然ガス開発プロジェクト向けサーフェスケーシング用高強度厚肉電縫鋼管2千トンを納入
~世界初「X80グレードの管厚20mm超え電縫鋼管」を開発~
[2013/02/07]
モザンビークパイプライン用26インチ電縫鋼管2万3千トン受注
[2013/02/01]
低CO2川崎ブランド’12の選定について