• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language

PC版

MENU

受賞歴

大河内賞

生産工学、生産技術、生産システムの研究並びに実施等に関する業績で、学術の進歩と産業の発展に大きく貢献した顕著な業績に対して授与。

年度 賞名 受賞名  
2015 第62回 技術賞 溶接部が母材と同等の低温靱性を有する極寒冷地用電縫鋼管の開発 ニュース
リリース
2014 第61回 技術賞 気体燃料吹込みによるCO2排出量削減に適した製鉄原料製造技術 ニュース
リリース
2013 第60回 技術賞 耐座屈性能に優れたパイプライン用鋼管の開発 ニュース
リリース
2012 第59回 生産賞 石炭資源拡大を可能とする省エネルギー型コークス製造技術
(5社共同受賞)
 
2011 第58回 技術賞 超低スパッタ正極性炭酸ガスアーク溶接技術
(『J-STAR® Welding』)
ニュース
リリース
2010 第57回 記念賞 ナノ炭化物制御による自動車用高加工性新高強度鋼板の
開発(『NANOハイテン®』)
ニュース
リリース
2009 第56回 生産賞 ナノ表面制御による自動車用高機能鋼板の開発(『JAZ®
(JFE Advanced Zinc)』)
ニュース
リリース
2007 第54回 技術賞 家電用高機能クロメートフリー鋼板の開発と量産化  
2003 第50回 生産賞 高炉におけるプラスチック再資源化技術の確立  
2002 第49回 技術賞 限界冷却速度による加速冷却技術の開発と厚鋼板・形鋼・
熱延鋼帯への適用・工業化
 
2002 第49回 生産賞 革新的な大型高炉改修技術による超短期改修の実現  
2001 第48回 技術賞 3チャンネル偏光式表面検査装置「デルタアイ」の開発と
実用化
 
2000 第47回 技術賞 転炉ゼロスラグス吹錬による環境調和型新製綱プロセスの
開発
 
2000 第47回 生産賞 世界初のエンドレス熱間圧延プロセスの開発と新製品の
商品化
 
1998 第45回 記念賞 環境調和型蓄熱式バーナ加熱システムの開発と実用化  
1998 第45回 技術賞 環境調和型高純度ステンレス鋼の高効率製造プロセス
の開発
 
1997 第44回 技術賞 高寸法精度線材・棒鋼の高効率多サイズ圧延技術の開発  
1997 第44回 技術賞 鉄鋼高機能迅速分析装置の開発と実用化  
1996 第43回 技術賞 6.5%けい素鋼板の工業的製造技術の開発  
1994 第41回 技術賞 鋼・コンクリート合成構造用リブ付き鋼管の製造及び
利用技術の開発
 
1993 第40回 技術賞 連続鍛圧による連続鋳造の中心偏析解消技術の開発  
1993 第40回 技術賞 サンドイッチ型組立スラブを用いた高性能圧延クラッド
鋼板の製造技術の開発
 
1992 第39回 生産賞 ステンレス継目無鋼管の高生産性製造技術の確立  
1991 第38回 技術賞 耐震性能に優れた建築構造用厚肉高張力鋼の
製造技術の開発
 
1991 第38回 生産賞 高温連続焼鈍法による自動車用超極低炭素鋼板の開発  
1990 第37回 技術賞 高炉用新塊成鉱製造技術の開発  
1990 第37回 生産特賞 H形鋼の高効率自在成形技術の開発  

このページのトップに戻る

全国発明表彰

科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に、多大な功績を挙げた発明、考案、または意匠、あるいはその優秀性から今後大きな功績を挙げることが期待される発明等に対して授与。

年度 賞名 受賞名  
2017 文部科学大臣
発明賞
電縫管の溶接部の保証を実現した連続超音波検査技術の発明 ニュース
リリース
2016 発明賞 複雑成形が可能な高強度高性能めっき鋼板の発明 ニュース
リリース
2015 発明賞 変形性能に優れたパイプライン用高強度鋼管の発明 ニュース
リリース
2014 文部科学大臣
発明賞
気体燃料吹き込みによる高強度焼結鉱製造技術の発明 ニュース
リリース
2008 文部科学大臣
発明賞
家電用高機能クロメートフリー鋼板の開発と量産化 ニュース
リリース
2007 21世紀
発明奨励賞
ナノサイズの析出を活用した高強度熱延鋼板の発明  
2004 発明賞 限界冷却速度によるオンライン加速冷却技術の発明  
2003 発明賞 3チャンネル偏光式薄鋼板表面検査装置  
2002 発明賞 低温超塑性用高強度・高加工性チタン合金  
2001 内閣総理大臣
発明賞
真空脱ガスにおける酸素上吹き法による極低炭素鋼製造
方法の開発
 
2001 発明賞 加工後耐食性に優れた有機被覆鋼板の開発  
2000 経団連会長賞 環境調和型蓄熱式Nox燃焼技術  
1999 発明賞 高寸法精度線材、棒鋼の高効率他サイズ圧延技術  
1998 発明協会
会長賞
連続CVD法による6.5%けい素鋼板の工業的製造方法  
1997 発明賞 連鋳における連続鍛圧技術  
1995 発明賞 自動車用高鮮映性鋼板  
1993 発明賞 焼付硬化性と超深絞り性を有する自動車軽量化用鋼板の開発  
1992 通商産業大臣
発明賞
電気抵抗シーム溶接缶用薄錫メッキ鋼板  
1992 発明賞 高炉用新塊成鉱製造技術  
1990 経団連会長
発明賞
スラブからの大形H形鋼の圧延方法  

このページのトップに戻る

市村産業賞

優れた国産技術を開発することで、産業分野の発展に貢献・功績のあった技術開発者またはグループならびに事業経営者に対して授与。

年度 賞名 受賞名  
2016 第49回 貢献賞 電気機器の省エネに貢献する省資源型Si傾斜磁性材料の開発 ニュース
リリース
2015 第48回 貢献賞 均一強冷却を用いた高張力厚鋼板の高精度・高能率製造技術の開発 ニュース
リリース
2012 第45回 貢献賞 建築物の耐震安全性を実現するデザイン性に優れた鋼管ブレース ニュース
リリース
2011 第44回 貢献賞 鋼構造物の環境負荷低減に貢献するLP鋼板製造技術の開発 ニュース
リリース
2009 第42回 貢献賞 超高層ビルの安心・安全・省資源設計施工に対応した
高耐震性高強度鋼の開発(建築構造用550N/㎟TMCP鋼材
『HBL®385』)
ニュース
リリース
2008 第40回 功績賞 SUS304代替ニッケル・モリブデンフリー21%クロムステンレス鋼の開発 ニュース
リリース
2004 第36回 貢献賞 遠心鋳造による熱間圧延仕上げミル用ハイスロール製造  
1999 第31回 貢献賞 熱間圧延におけるエンドレス圧延技術の開発  
1998 第30回 貢献賞 ステンレス新精錬法の開発  
1997 第29回 功績賞 浸漬型光ファイバ溶湯温度計の開発  
1996 第28回 貢献賞 2段羽口式コークス充填層型溶融還元法の開発  
1991 第23回 功績賞 高炉制御技術の開発による低シリコン銑の製造  

このページのトップに戻る