[鋼管中掘り拡大根固め杭工法]
KING 工法[土木]

[建築用] はこちら

特 長

機械式に拡翼するKINGビットを用いて、杭先端部の支持地盤に拡大根固め球根を築造し、注入された根固め液の硬化によって、杭本体と拡大球根を一体化させ支持力を発現させる工法です。独自に開発した根固め施工技術により、従来の中掘り工法に比べ品質の高い球根が築造できます。
(社)日本道路協会発行の「道路橋示方書・同解説Ⅳ下部構造編」、「杭基礎設計便覧」に記載されている中堀り杭工法の一つであり、多数の施工実績を有しています。

一般的な適用範囲

[一般鋼管:SKK 400,490]

杭   径: φ400~1200mm
杭   長: ~70m
先端支持力度: [砂 層] 150・N (≦7500kN/m²)
[れき層] 200・N (≦10000kN/m²)
※セメントミルク噴出撹拌方式
KING 工法

国土交通省新技術情報提供システム(NETIS)に登録されました。

NETIS 番号:KT-990577-V/技術名称:KING 工法
優れた経済性
1.
杭沈設と根固め球根の築造を連続して行う迅速施工
2.
ビットを通常の汎用機に取り付けるだけで施工が可能
ビットの構造
確実な支持力
1.
特殊機構を持つビットにより、支持層で確実に拡翼
2.
独自の根固め施工技術により、品質の高い球根が構築
環境に優しい
1.
低振動、低騒音
2.
排土が少なく、二次公害がない
このページのトップへ

事例紹介

主な利用分野

高架橋、歩道橋(ペデストリアンデッキ)、橋梁基礎、上下水道施設、プラント設備基礎

主な採用理由

・発生残土が少ない。
・低騒音、低振動。

このページのトップへ

杭継手

JFEスチールでは、通常の溶接継ぎ手以外に2種の機械式継ぎ手を用意してます。

カシーン
ハイメカネジ
このページのトップへ

製品仕様・施工情報

製品の仕様、施工に関することは、KING工法 カタログ(PDF)をご覧下さい。

KING工法 カタログ
このページのトップへ

設計情報

KING工法 の設計[道路橋示方書抜粋]
このページのトップへ

このページの上部へ