ハット形鋼矢板

特 長

ハット形鋼矢板は、従来のU形鋼矢板から施工性、構造信頼性、経済性を追及し、形状をハット形、有効幅を900mmとした鋼矢板です。

U形鋼矢板より断面性能に優れ、鋼重も低減できます。

ハット形鋼矢板
工期短縮、施工費縮減
1.
鋼材重量の低減
(U形鋼矢板との比較:単位壁面積あたりの鋼材重量を7~29%程度低減)
鋼材重量の軽減
2.
施工枚数の低減
(U形鋼矢板との比較:所定の施工延長あたりの施工枚数を2/3に低減)
すぐれた施工性
1.
長尺施工が可能
2.
継手効率100%
3.
一方向打設により、継手の競り合いによる貫入抵抗の低減
このページのトップへ

事例紹介

主な利用分野

[永久構造物] 壁、護岸、防波堤、擁壁、洗掘防止工、止水壁、堰堤、導流堤
[ 仮 設 工 事] 土留め・山留め、二重仮締切、築島

用途例

護岸・岸壁
擁壁
沈下対策
水路
止水壁

実績例

長年にわたり多数の実績があります。

このページのトップへ

製品仕様、設計・施工情報

化学成分・機械的性質
形状と断面性能
J-WALL ハット形鋼矢板合成地下壁
このページのトップへ

関連製品

JFE スチールの鋼矢板の継手部は、相互に嵌合することが可能です。
(ハット形鋼矢板とは嵌合できません。)

鋼矢板
JFEマリンコート®鋼矢板
H形鋼ぐい
このページのトップへ

このページの上部へ