[ハット形鋼矢板合成地下壁]
J-WALL

特 長

J-WALL(ジェイウォール) 工法は、建築地下壁を築造する際に、ハット形鋼矢板を使用して構築する工法です。施工されたハット形鋼矢板に頭付きスタッドを溶接し、後打ちの鉄筋コンクリートと一体化することにより、仮設・本設を兼用した合成地下壁となります。 また、JFEの鋼矢板は、建築構造用鋼矢板として、2008年2月に国土交通省大臣認定をハット形鋼矢板、U形鋼矢板ともに取得しました。

J-WALL
地下壁の薄肉化
鋼矢板も外力に抵抗することから地下壁体の厚さを低減
工期の短縮
引抜作業の省略やコンクリート、鉄筋量の縮減により工期を短縮
施工設備の簡素化
大がかりな設備不要なため、土留め壁の施工用のスペースを確保が容易
このページのトップへ

事例紹介

主な利用分野

用地制約がある都市部等での地中壁

このページのトップへ

製品仕様、設計・施工情報

J-WALLカタログ
このページのトップへ

このページの上部へ