ハイパーウェルSP

特 長

ハイパーウェルSP(Steel-Pipe-Sheet-Pile) は、従来の鋼管矢板基礎工法に高耐力継手(ハイパージャンクション)、鋼管コンクリート合成部材、場所打ち杭などの要素技術を有効に組合せることにより基礎本体の剛性および支持力の向上を図り、大規模橋梁基礎における大幅なコスト削減をしました。なお、本工法はJFEスチール(株)、清水建設(株)、(株)大林組の共同開発工法です。

ハイパーウェルSPは、ハイパージャンクション、鋼管コンクリート合成部材、場所打ち杭の要素技術の組合せ方法により、井筒型と脚付き型の2つのタイプがあります。
ハイパーウェルSP
ハイパーウェルSP

国土交通省新技術情報提供システム(NETIS)に登録されました。

NETIS 番号:CB-100066-A/技術名称:ハイパーウェルSP
井筒型

全ての鋼管矢板を支持層まで打設した井筒型の基礎において、その継手にハイパージャンクションを使用する基礎形式です。

井筒型
脚付き型

鋼管矢板の貫通が困難な中間層がある場合に適用するもので、鋼管矢板は中間層までとし、その継手はハイパージャンクション、鋼管本体部は鋼管コンクリート合成部材とし、この鋼管矢板の下に場所打ち杭を原則として1本おきに造成し、支持層まで到達させる基礎形式です。

脚付き型
コンパクトな平面寸法
従来の鋼管矢板基礎に比較して平面寸法を縮小(ハイパージャンクション使用)
中間層の貫通が容易
脚付き型の適用により、施工が容易で大きな支持力実現
(支持層として期待できない中間層があり、かつその中間層が鋼管矢板の貫通が困難な場合)
工期の短縮・コスト削減
上部工荷重が大きくなる大規模橋梁において大きなコストメリット
工費比較資料
このページのトップへ

事例紹介

主な利用分野

大規模橋梁基礎

主な採用理由

・コスト削減。

このページのトップへ

製品仕様、設計・施工情報

製品の仕様、設計・施工に関することは、ハイパーウェルSP のカタログ(PDF)をご覧下さい。

ハイパーウェルSP カタログ
このページのトップへ

このページの上部へ