[合成構造用鋼管]
リブ付鋼管

特 長

鋼管と他の素材(コンクリート、ソイルセメント等)との合成構造により、それぞれの素材の利点を活用する工法が注目されています。これらの新工法他の素材と鋼管との間に高い付着性能が要求されます。JFEスチールのリブ付鋼管は、内面・外面・内外面リブ付があります。圧延によりリブを設けた鋼帯を用い、スパイラル造管法によって製造いたします。コンクリートやソイルセメントとの間に高い付着強度を有しており、様々な合成構造に利用されています。

リブ付き鋼管
高い付着強度
表面に設けたリブによる高い付着性能
このページのトップへ

用途例

[橋脚]ハイピア

高速道路が山岳部にのびるなど起伏の激しい条件下での道路工事が増加し、高さが100mに達するような高橋脚工事が多く施工されるようなってきました。JFEでは、従来の鉄筋コンクリート構造に替わって鋼材とコンクリートの合成構造による高橋脚を提案し、鋼管とコンクリートの合成構造橋脚に対して、外面リブ付鋼管を使用する方法について基礎的な研究を重ねています。
[橋脚]ハイピア
[ハイピアの特徴]
●主たるRC部材として工場加工した鋼管を使用するため、信頼性の高い橋脚を構築できます。
●外面リブ付鋼管を使用する定着構造により、コンクリートとの付着力の増大を可能にしました。
●縦方向の主鉄筋の大部分を鋼管に置き換えることにより、作業性の向上を図れます。
●鋼管を内型枠として用いることにより、型枠の省力化を可能としました。
●鋼管に足場や補助鉄筋を仮支持させることにより、足場仮設や鉄筋保持作業を省力化しました。

[杭]HYSC杭工法

地盤中に造成したソイルセメント柱のなかに、リブ付鋼管を沈設して基礎杭を築造する工法です。

[杭]JFETB杭

内面リブ付鋼管を使った場所打ち杭です。各種構造物の基礎杭として数多く採用されています。
このページのトップへ

製品仕様

製品の仕様に関することは、リブ付鋼管のカタログ(PDF)をご覧下さい。

リブ付鋼管カタログ
このページのトップへ

このページの上部へ