[鋼管杭先端拡大根固め杭工法]
Super KING 工法[土木]

[建築用] はこちら

特 長

Super KING 工法は、掘削しながら回転貫入する鋼管杭工法です。発生残土を比較的少量に抑え、環境に配慮した施工性を追求しました。大きな支持力を有しているため、杭本数の減少や基礎形状のコンパクト化が図れるなど経済性に優れた杭工法です。

一般的な適用範囲

[一般鋼管:SKK 400,490]

杭   径: φ400~1200mm
杭   長: ~74m
杭先端適用地盤: 砂層および砂れき層
先端支持力度: [砂 層] 150・N (≦7500kN/m²)
[れき層] 200・N (≦10000kN/m²)
SuperKING工法

国土交通省新技術情報提供システム(NETIS)に登録されました。

NETIS 番号:KT-100003-A/新技術名称:Super KING 工法
大支持力杭の実現
1.
杭径の1.25、1.5倍の直径を有する根固め球根を築造することが可能
2.
根固め球根を構造体として扱える
大きな鉛直支持力
大径・長尺杭の施工が可能
1.
最大杭径1,200mmで加工深度74mまで施工可能
選べる施工法
1.
後沈設方式と同時沈設方式の2つの施工法
2.
地盤条件や施工ヤードの状況等に応じて、最適な施工法を選択可能
低排土施工
1.
掘削した土砂を泥土化させながら杭を貫入させるため、地上への排出土が比較的少量
合理的な設計による優れた経済性
1.
拡頭タイプを採用することで軟弱地盤や液状化地盤でも経済的な設計が可能
2.
選べる根固め球根(杭径の1.25、1.5倍の2種類)
最適設計による経済性が向上
このページのトップへ

事例紹介

主な利用分野

高架橋、歩道橋(ペデストリアンデッキ)、橋梁基礎、プラント設備基礎

主な採用理由

・発生残土が少ない。
・低騒音、低振動。

実績例

[事例1]
場  所: 千葉県
杭  径: SKK400 φ400
杭  長: L=12m
施工条件: 橋梁基礎
プレボーリング施工
事例1
道路橋梁基礎に初採用
2011年に道路橋基礎用として鋼管杭先端拡大根固め工法の国内初採用されました。
道路橋基礎
ニュースリリース
新川大橋の架替えに採用
千葉県匝嵯市長谷の二級河川新川を渡河する新川大橋の架換えに採用されました。
新川大橋架替え
このページのトップへ

杭継手

JFEスチールでは、通常の溶接継ぎ手以外に2種の機械式継ぎ手を用意してます。

カシーン
ハイメカネジ
このページのトップへ

製品仕様・施工情報

製品の仕様、施工に関することは、Super KING工法 カタログ(PDF)をご覧下さい。

Super KING工法(土木編)カタログ
このページのトップへ

設計情報

Super KING工法の設計
このページのトップへ

Super KING 工法技術協会

Super KING工法においては、「Super KING 工法技術協会」を組織し、会員各社の技術力向上を図っています。平成27年4月現在の会員会社は表の通りです。

会社名 所在地 電話番号 備考
JFEスチール株式会社 東京都千代田区内幸町2-2-3 03-3597-3111 製造会社
ジャパンパイル株式会社 東京都中央区日本橋浜町2-1-1 03-5843-4192 施工会社
ノザキ建工株式会社 千葉県千葉市美浜区新港223-3 043-243-0606 施工会社
株式会社ジオダイナミック 東京都江東区南砂2-7-5 03-5857-8730 施工会社
大洋基礎株式会社 東京都中央区日本橋小船町3-4 03-3663-5561 施工会社
日特建設株式会社 東京都中央区東日本橋3-10-6 03-5645-5050 施工会社
丸五基礎工業株式会社 大阪府大阪市中央区本町1-8-12 06-6264-0501 施工会社
菱建基礎株式会社 東京都豊島区東池袋5-44-15 03-6912-6334 施工会社
三和機材株式会社 東京都中央区日本橋茅場町2-4-9 03-3667-8962 機材製造会社
株式会社東京製作所 千葉県浦安市北栄4-12-9 047-352-1161 機材製造会社
このページのトップへ

このページの上部へ