[ポケット付き遮水鋼製壁]
Jポケットパイル®

特 長

Jポケットパイル®(JPP) は、従来の鋼矢板爪部底面に、圧延によるポケット部(φ10mm程度)を設け、爪部への遮水材の設置や充填材の注入、およびモニタリング用パイプの設置を可能とした、管理型廃棄物最終処分場向けの新しい鋼製鉛直遮水壁です。

一般的な適用範囲

■施工場所:通常の鋼矢板が施工可能な場所

[効果の高い適用範囲]
■廃棄物処分場や土壌汚染対策など、有害物質等の流出防止として高い遮水性が必要とされる場合

[関係基準]
■管理型廃棄物埋立護岸設計・施工・管理マニュアル(H20改訂)(財)港湾空間高度化センター港湾・海域環境研究所

Jポケットパイル®

国土交通省新技術情報提供システム(NETIS) に登録されました。

NETIS番号:KT-110056-A/新技術名称:Jポケットパイル(JPP)
信頼性の高い遮水工
1.
目地材として多数実績がある止水ゴムを設置
遮水性、耐久性に優れた高品位な遮水壁を連続形成
安定した品質
JIS認定工場で製作した圧延材のため、品質のバラツキが少なく安定した品質
優れた施工性、経済性
鋼矢板と同等の性能
優れた経済性、施工性
このページのトップへ

事例紹介

主な利用分野

管理型廃棄物最終処分場向け遮水壁、汚染地盤の土壌封じ込め対策

用途例

陸上処分場での適用例
都市部における遮水工

実績例

採用実績表
このページのトップへ

製品仕様、設計・施工情報

[ポケット付き遮水鋼製壁]Jポケットパイル®カタログ
このページのトップへ

関連製品

鋼矢板
このページのトップへ

このページの上部へ