JグリップH、SC合成地中連続壁工法

特 長

[JグリップH]
H形鋼のフランジ内面に突起を設けた、鋼・コンクリート合成構造用の内面突起付きH形鋼です。
フランジ間の拘束効果を利用し、鋼材とコンクリートとのズレせん断に対して大きな付着抵抗を発揮します。

[SC合成地中連続壁工法]
JグリップHとコンクリートを一体化したSC構造による新しい連続工法です。薄い壁厚で高剛性・高抵抗モーメントを有し、開削工事においてコストダウンと省スペース化を図ることが可能です。なお、本工法は(株)大林組と共同開発したものです。

JグリップH、SC合成地中連続壁工法
コンクリートとの一体化
JグリップHの内面突起とウェブ反力による拘束のため、粘りのある合成構造
薄い壁厚で高剛性・高耐力を実現
同壁厚のRC連壁にくらべ、高剛性・高抵抗モーメントの地下壁を実現
地下壁自体のコストダウンと省ス ペース化が可能
本体構造にも適用可能
SC構造として高い靭性能
耐震性能が要求される本体構造としても適用可能
施工性の向上・施工スペースの極小化
1.
補強鉄筋が不要、鉄骨一本ずつの建込みも可能
鉄筋籠の製作等に必要な作業ヤード不要
2.
施工スペースの極小化
このページのトップへ

事例紹介

主な利用分野

用地制約の厳しい都市部等での地中壁

用途例

SC合成地中壁工法の適用例
このページのトップへ

製品仕様、設計・施工情報

JグリップHカタログ
SC合成地中連続壁工法の合成壁設計法の提案
このページのトップへ

このページの上部へ