[建築構造用冷間ロール成形角形鋼管]
BCR295/JBCR295[JFE コラムBCR]

特 長

冷間ロール成形により製造される角形鋼管です。STKRに比べて溶接性や変形性能に関して特別に配慮された材料です。建築基準法第37 条第2号による国土交通大臣の認定を取得しています。

「BCR」は社団法人日本鉄鋼連盟の登録商標です

BCR295
建築構造用冷間ロール成形角形鋼管は、従来の冷間ロール成形の角形鋼管[STKR](JIS G3466) 比較して、建築鉄骨固有の要求性能(塑性変形能力、溶接性能等)が改善されており、建築用柱材として、より適した性能を有します。
JBCR295
JBCR295はBCRと同等の性能を持ち、BCRの規定範囲外である22mm<板厚≦25mmに対応したJFEスチール独自の大臣認定材です。
尚、(一財)日本建築センター評定書「建築構造厚肉冷間ロール成形角形鋼管JFEコラムJBCR295の設計における取り扱い」(BCJ 評定-ST0216)によりBCR295と同様の取り扱いが認められています。

対応規格

引張り強度 (単位:N/mm2)

  低強度 400N鋼 490N鋼 520N鋼 550N鋼 590N鋼 高強度 規格
BCR
 [F値]
  BCR295
JBCR295
[295]
          大臣認定
種類の記号 大臣認定番号 製造工場
BCR295(6mm≦板厚≦22mm) MSTL-0142 東日本製鉄所 京浜地区
BCR295(6mm≦板厚≦22mm)
JBCR295(22mm<板厚≦28mm)
MSTL-0495 知多製造所

製品情報

製品規格
製造範囲
断面性能
寸法の許容差
製品表示

このページの上部へ