[建築構造用TMCP 鋼材]
HBL®325/355

特 長

「HBL325、HBL355」は厚さが40mmを超える構造部材に適した鋼材で、JFEスチールが世界に先駆けて開発した高度な TMCP(Thermo Mechanical Control. Proces : 熱加工制御)技術を適用することにより、高強度、低降伏比、 優れた溶接性を実現した鋼材です。厚肉域での基準強度の低減が不要です。(国土交通大臣認定取得)

TMPCとは
高い基準強度
厚さ40mm超えでも基準強度の低減が不要です。
強度差による鋼材重量の低減は、HBL325でSN490に対して最大10%、HBL355でSM520に対して最大9%です。
高い塑性変形能
降伏点に上限規定を設けていますので、保有耐力設計が精度よく行えます。
低降伏比(80%以下)であるため、大きな地震力が部材に作用した時、広い塑性域が形成でき、構造物の耐震性が向上します。
優れた溶接性
炭素当量(Ceq)および溶接割れ感受性組成(PCM)を低く抑えているため、信頼性の高い溶接接合部が得られます。予熱温度低減等、溶接施工時の制約が緩和されるため、溶接施工コストの低減に寄与します。
優れた経済性
鋼材重量、加工工数が削減でき、トータルコストの低減が可能です。

対応規格

引張り強度 (単位:N/mm2)

  低強度 400N鋼 490N鋼 520N鋼 550N鋼 590N鋼 高強度 規格
TMCP

 [F値]
    HBL®325B
HBL®325C
[325]
HBL®355B
HBL®355C
[355]
      大臣認定
大臣認定番号 製造工場
MSTL-0129 東日本製鉄所 京浜地区
MSTL-0128 西日本製鉄所 倉敷地区
MSTL-0135 西日本製鉄所 福山地区

製品情報

製品規格
最大製品寸法
製品表示
溶接性・継手性能
製品カタログ HBL®325/355

このページの上部へ