[建築構造用低降伏点鋼材]
JFE-LY100/225

特 長

地震発生直後も機能が維持でき、短期間に低コストで復旧できるという、耐震設計に要求されるこれら新たなニーズに対応して生まれたのが制振ダンパー用低降伏点鋼材:JFE-LY100/225 です。
従来の軟鋼に比べて強度が低く、延性が極めて高い鋼材です。塑性域でのエネルギー吸収能力が極めて大きいため、ダンパーとして組み込むことにより、柱や梁などの主要構造部の損傷を未然に防ぎます。

低降伏点
降伏点の変動が少なく、そのレンジも狭く管理されています。
高い伸び性能
伸び性能50%(JFE-LY100) 以上を保証しており、大きな変形性能が要求される履歴型制振ダンパー用として必要な変形性能を有しています。
建物の構造や規模に応じて選択
建物の構造や規模に対応すべく、基準強度の異なる2種類の低降伏点鋼材をご用意しています。

対応規格

引張り強度 (単位:N/mm2)

  低強度 400N鋼 490N鋼 520N鋼 550N鋼 590N鋼 高強度 規格
低降伏点鋼
 [F値]

 [F値]
JFE-LY100
[80]
JFE-LY225
[205]
            大臣認定
大臣認定番号 製造工場
MSTL-0132 東日本製鉄所 京浜地区
MSTL-0133 西日本製鉄所 倉敷地区

製品情報

製品規格
製品表示

関連リンク

制振・耐震

このページの上部へ