耐火鋼

特 長

JFE-FRは、建築構造用規格材に高温時の強度保証を付加した鋼材です。可燃物の少ない用途に、JFE-FRを用いた建物は、耐火設計を行い耐火性能を確認することにより、耐火被覆が省略でき、構造体である「鉄」の素材感をそのまま活かしたデザインが可能となります。さらに、建築工事の簡素化に伴う工期の短縮や作業環境の改善など様々なメリットが生まれます。

JFE-FRと一般鋼の耐力比較(490N/mm2)

意匠性向上など多くのメリット
JFE-FRを用いて無耐火被覆構造とした場合、柱径を細くしたり、自由な塗装により鉄骨の意匠性が大幅に向上します。さらに工期の短縮、作業環境の改善、施工後のメンテナンスのしやすさなど、多くのメリットが期待できます。
優れた高温特性と一般鋼材と同等の常温特性
600℃での耐力が常温規格値(F値)の2/3以上であることを保証しています。常温時の性能は、JIS規格材などと同等ですので通常の構造設計で対応できます。
一般鋼材と同等の溶接性
低Ceq、低PCM化を図っており、一般鋼材と同等の溶接性を有します。なお接合部については、JFE-FR用の溶接材料や高力ボルトをご使用ください。
自走式駐車場を有する構築物の認定
開放型自走式駐車場においては国土交通大臣による認定を取得しており、簡便に無耐火被覆構造とすることが可能です。また店舗などの複合用途にも対応可能です。
自走式駐車場でのJFE-FR 採用のメリット

対応規格

品 種 強 度 種類の記号 適用規格 鋼材の厚さ
mm
F値 0.2%耐力 N/mm²
(試験温度600℃)
角形鋼管*¹
円形鋼管*¹
400N/mm² STKR400(FR)
STK400(FR)
STKN400W(FR)、STKN400B(FR)
JIS G 3466
JIS G 3444
JIS G 3475
t≦40 [235] 157≦
40<t≦100 [215] 143≦
BCR295(FR) 大臣認定品 t≦40 [295] 197≦
490N/mm² STK490(FR)
STKN490B(FR)
JIS G 3444
JIS G 3475
t≦40 [325] 217≦
40<t≦100 [295] 197≦
厚板*¹ 400N/mm² SN400B-FR、SN400C-FR
SM400A-FR、SM400B-FR
JIS G 3136
JIS G 3106
t≦40 [235] 157≦
40<t≦100 [215] 143≦
490N/mm² SN490B-FR、SN490C-FR
SM490A-FR、SM490B-FR
JIS G 3106
JIS G 3106
t≦40 [325] 217≦
40<t≦100 [295] 197≦
H形鋼*¹ 400N/mm² SM400A-FR、SM400B-FR JIS G 3106 t≦40 [235] 157≦
490N/mm² SM490A-FR、SM490B-FR JIS G 3106 t≦40 [325] 217≦

・高温引張試験は、JIS G 0567に基づき、同一溶鋼ごとに抜き取り試験を行い、結果をミルシートに記入いたします。
・高温特性以外は、適用規格によります。
*1 ご使用に際しては、製造品種、規格、サイズを、確認申請前にご相談ください。

製品情報

材料特性
製造可能範囲
自走式駐車場の耐火設計
耐火設計
事例紹介

このページの上部へ