• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

及川 李々 / 先輩社員の声

先輩社員の声
ミクロの世界で戦うプロ意識
及川 李々 Riri Oikawa
及川 李々

地区 千葉地区
部・課(室・工場) 第2冷延部 冷延工場
入社年 2012年
学校名 水沢工業高等学校
出身地 岩手県

仕事内容とやりがい

及川 李々主に自動車用鋼板の検査や、スリット作業を担当しています。お客様に完璧な状態で製品を届けなければならない最終工程であることから、責任が大きく、また覚える事がたくさんあって大変ですが、その半面、大きなやりがいと誇りを感じて日々業務に励んでいます。
現場初の女性社員という事もあり、入社当初は周りの先輩方とどのようになじんでいけば良いのか戸惑う事も多々ありました。しかし、先輩方は仕事中は私が理解出来るまで丁寧に教えてくれたり、休憩中も気さくに声をかけてくれて、自然に現場になじむことが出来ました。今ではプライベートな事も相談出来るほど打ち解け、毎日楽しく仕事を行っています。

入社理由・現在の思い

昔からもの作りの仕事がしたいと思っており、担任の先生の薦めでJFEスチールの工場見学に参加しました。見学してみて初めに思った事は「とにかく迫力がすごい!」という事です。様々な工場を見学するにつれて、「この製品が私たちの身近なものへと変わって人々の生活に繋がっていくんだ」と思うと、ワクワクした気持ちになりました。自分の目で実際に見学したことにより、パンフレットだけでは伝わってこないものを強く感じ、JFEスチールに入社することを決意しました。
製鉄所というと、男性の職場というイメージが強くなりがちですが、そんな事はありません!たしかに、女性には少し困難な作業も職場によってはあると思いますが、私自身は現場で体を動かしながら働くことでやりがいを感じることも数多くあります。ぜひこの会社に希望・目標を持って入社してきてください。

仕事上の成功談

私のラインは、鋼板の欠陥(疵)を見つける検査も重要な仕事の1つです。ある日、私が検査をしていると前工程ラインからの情報がない疵を発見し、不適合コイルの流出を未然に防止することができました。私たち最終工程の検査がいかに重要なのかということを深く感じた瞬間でもありました。これからも常に気を引き締めて検査業務に励んでいきます。