沿革

JFEスチール 東日本製鉄所京浜地区

沿革

1912[明治45]年 日本鋼管株式会社設立
1914[大正3]年 第一号平炉(20トン)出鋼、継目無鋼管の製造営業開始
1940[昭和15]年 鶴見製鉄造船株式会社(旧浅野造船所)合併
1958[昭和33]年 川崎製鉄所純酸素転炉(42トン)2基新設、操業開始
1959[昭和34]年 水江製鉄所にて、分塊、熱延冷却設備新設、操業開始
1971[昭和46]年 扇島建設工事起工
1976[昭和51]年 第一高炉火入れ
1979[昭和54]年 第二高炉火入れ
1988[昭和63]年 創立記念日を機に会社の名称を 「NKK」に統一
1990[平成2]年 高炉一基体制確立
1996[平成8]年 使用済プラスチック高炉原料化リサイクルシステム開始
1999[平成11]年 表面処理事業を分社化
(エヌケーケー鋼板株式会社)
1999[平成11]年 溶接管事業を分社化
(エヌケーケー鋼管株式会社)
2000[平成12]年 継目無管事業を合弁会社化
(エヌケーケーシームレス鋼管株式会社)
2003[平成15]年 JFEスチール東日本製鉄所としてスタート