沿革

東日本製鉄所 千葉地区

昭和25年(1950) 川崎製鉄株式会社設立
昭和26年(1951) 千葉製鉄所開設
昭和28年(1953) 第1高炉火入れ
昭和33年(1958) 第2高炉火入れ、第1冷間圧延工場操業開始(銑鋼一貫体制確立)
昭和37年(1962) 1号転炉操業開始
昭和40年(1965) 第5高炉火入れ
昭和44年(1969) 西工場埋立開始
昭和52年(1977) 第3製鋼工場操業開始(純酸素底吹き転炉:Q-BOP)
第6高炉火入れ
平成 3年(1991) 千葉リフレッシュ工事着工
平成 7年(1995) 第3熱間圧延工場操業開始
平成 8年(1996) 第3熱間圧延工場にて世界初のエンドレス圧延開始
平成10年(1998) 第6高炉が世界最長寿命達成(当時)、超短期改修工事
平成12年(2000) 川鉄サーモセレクト方式ガス化溶融炉産業廃棄物処理事業開始
平成14年(2002) 川鉄千葉クリーンパワーステーション営業運転開始
平成15年(2003) JFEスチール(株)東日本製鉄所発足