製造工程・製造紹介

JFEスチール 東日本製鉄所京浜地区

製造工程・製品紹介

設備他(圧延)

圧延(鋼板)

 熱間圧延
加熱炉で加熱されたスラブは、粗圧延機と仕上圧延機で一挙に薄く延ばされ、巻取られて熱延コイルとなります、仕上圧延機は、世界初のペアクロス・ロールシフトを採用し、品質向上と生産性アップを図っています。
熱間圧延機
熱間圧延機
(ホットストリップミル)

 冷間圧延
熱延コイルを酸で洗い、表面の酸化物を取り除いてから、常温のまま圧延機で薄く均一に延ばし、精度の高い薄鋼板を作ります。冷間圧延では、近年における一層の高級化、軽量 化のニーズに応え、強靱で加工しやすく、美しい冷延鋼板を製造しています。
冷間圧延機
冷間圧延機
(コールドストリップミル)

 高機能薄板
最新鋭クラスターミルによる、高精度冷延鋼板、シャドウマスク用アンバー材などのハイテク薄板商品、並びに、CVD(化学気相蒸着)法による世界唯一の6.5%シリコン鋼板(スーパーEコア)を製造しています。

ハイテク薄板製品 パソコンディスプレイ 6.5%ケイ素鋼板
ハイテク薄板製品
各種バネ材
パソコンディスプレイ
ブラウン管
(シャドウマスク用
36%Ni鋼)
6.5%ケイ素鋼板
(スーパーEコア)

連続鋳造機
ハイテク薄型圧延機
(クラスターミル)

 表面 処理 (JFE鋼板株式会社)
冷延コイルを材料として、その表面 に亜鉛メッキを行うものです。この処理によって、耐食性にすぐれ、塗装や印刷のしやすいメッキ鋼板ができあがります。さらに焼付塗装を行えば、カラフルなカラー鋼板となります。

カラーライン
カラーライン

 各種薄鋼板の商品・用途
冷延鋼板や各種表面処理鋼板は、各種自動車部品、電気製品、土木建築用材など、さまざまな分野で使用されています。

電気製品
電気製品

 厚板圧延
厚鋼板は、スラブを連続加熱炉またはバッチ炉で加熱した後、最大巾5,300ミリの鋼板を製造できるわが国最大の圧延機によって造られます。圧延中の温度や冷却時間を複雑に制御することによって、高級な厚鋼板を多く生み出しています。


厚板圧延機 オンライン
厚板圧延機
(プレートミル)
オンライン加速冷却設備
(OLAC)

 厚板の商品・用途
船舶や橋梁、建築材、大型圧力容器など、主に大規模な構造物に使用されています。



橋梁
橋梁

圧延(鋼管)

 縦目無鋼管
わが国における鋼管製造の歴史は、そのまま京浜地区の歴史といえます。多年にわたる研究・努力により蓄積した高度な技術と、常に改善を続けている最新の設備によって、クォリティーの高い鋼管を製造し続けています。なかでも、縦目無鋼管(シームレスパイプ)は、炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼にいたるまで、あらゆる品種、寸法の鋼管を製造しており、ボイラ、原子力鋼管、石油精製、油井管、ラインパイプなど、さまざまな分野で利用されています。
マンネスマン穿孔機
マンネスマン穿孔機

 溶接鋼管
溶接鋼管は電気抵抗溶接法、鍛接法等の特殊技術で製造しており、ガス、水道管はもちろんのこと、圧力配管、各種機械構造用、建設用鋼管として幅広く活躍しています。

PLP 角形鋼管
PLP 角形鋼管

成形鍛接機 電縫管造管機
成形鍛接機 電縫管造管機

NEXT NEXT