• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

大会結果

JFEスチール競走部

2020年度大会結果

若手で挑んだ上州路 序盤で苦戦も28位!
4区間でチーム区間新、総合も新記録の超高速レースに!

■ 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会結果

期  日 1月1日(祝・水) 場  所 群馬県庁発着 7区間・100.0km(前橋市)

成  績

JFEスチール 第28位 記録:4時間56分36秒 ◎=チーム総合新記録
 
1区(12.3km) 風岡  永吉 37分13秒(区間37位)
2区( 8.3km) ダン・キプランガット 23分06秒(区間23位)
3区(13.6km) 大森   樹 39分01秒(区間21位)◎=チーム区間新記録
4区(22.4km) 斉藤  翔太 1時間06分08秒(区間22位)◎=チーム区間新記録
5区(15.8km) 上坂  優太 47分05秒(区間14位)◎=チーム区間新記録
6区(12.1km) 岩田  拓海 37分14秒(区間27位)◎=チーム区間新記録
7区(15.5km) 堤   悠生 46分49秒(区間17位)
 
・優 勝 旭化成 (4時間46分07秒)※大会新
・第2位 トヨタ自動車 (4時間48分36秒)※大会新
・第3位 Honda (4時間49分30秒)※大会新
・第4位 JR東日本 (4時間50分40秒)
・第5位 GMOインターネット (4時間50分46秒)
・第6位 愛三工業 (4時間51分32秒)
・第7位 ヤクルト (4時間51分33秒)
・第8位 コニカミノルタ (4時間51分36秒)
 

主要区間を担った3区 大森、4区 斉藤、5区 上坂のルーキー3選手

大森選手 斉藤選手 上坂選手
↑大森選手 ↑斉藤選手 ↑上坂選手
 
第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会結果
 
☆レースメモ☆

実業団チームの駅伝日本一を決める元旦の風物詩、全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)に、今年も各地区の予選会を勝ち抜いた全37チームが群馬の上州路に集いました。3年ぶり43回目の出場となった当所チームは、入社1~2年目の選手が全7区間中6区間と、平均年齢24.1歳の若いメンバーでニューイヤー駅伝へ挑みました。 1区(12.3km)は、秋以降のトラックレースで、5000mで13分台、10000mで28分台をマークした風岡が担当しました。スタート後、日本屈指のスピードランナーの服部選手(トーエネック)が飛び出すと、12月の福岡国際マラソンで日本人トップの2位に入った藤本選手(トヨタ自動車)が続き、さらに後続集団も追いかけるようにハイペースとなりました。風岡は4km付近で大集団から遅れると、先頭と2分36秒差の37位でタスキを繋ぎました。32名の外国人選手が集うインターナショナル区間の2区(8.3km)は、ダンが5kmを13分45秒で通過。前が見えない状況でしたが懸命に追い上げ、順位を2つ上げました。順位変動が激しい3区(13.6km)は、ルーキーの大森が走りました。10kmを28分16秒と自己記録を大幅に上回るタイムで通過すると、終盤も力強い走りで順位を3つ上げて中継しました。 最長の4区(22.4km)は、唯一ニューイヤー駅伝で出走経験がある斉藤を起用。斉藤は5kmを14分17秒、10kmを28分58秒と自己記録を越えるタイムで、各チームのエースが集う区間を区間22位で耐えました。向かい風と登り坂がランナーを苦しめる5区(15.8km)では新人の上坂が中盤まで区間8位の激走で、前を追い駆けて行きます。終盤は区間14位まで落ち込みましたが、順位を2つ上げて30位になりました。6区(12.1km)は直前に調子を上げての起用となった岩田が走りました。序盤は小刻みなアップダウンがあるコースの為、慎重なペースで入ると、順位を1つ上げて最終7区へ。アンカーの7区(15.5km)は主将の堤に託しました。12月上旬の福岡国際マラソンの疲れが心配されましたが、区間17位で順位を上げて、チームの目標を達成する28位でゴールしました。 優勝争いは、エース区間の4区を終え旭化成、トヨタ自動車に絞られ、6区区間新の快走が決め手となった旭化成が栄冠を手にしました。 当所チームは、序盤の流れを決める1区が最下位と苦しいスタートを切りましたが、以降の区間で見事挽回をし、来年の活躍が楽しみになるレースとなりました。今大会の反省を踏まえ、来年の元旦に向けて、より一層精進してまいります。 大会当日は、正月より柿木HD社長、北野社長をはじめ、多くの皆様に沿道で、選手の後押しとなるご声援をいただきました。また、テレビやライブ配信でもたくさんの応援いただき、誠にありがとうございました。2月から各個人のマラソンやロードレースを全国各地で予定していますが、更なる成績を残すべく、引き続きご支援、ご声援をよろしくお願いします。

 

皆様の温かいご声援誠にありがとうございました!!