大会結果

JFEスチール競走部

2017年度大会結果

ホクレンディスタンスチャレンジに3選手が出場

■ ホクレンディスタンスチャレンジ2017大会結果(第2戦 深川大会)

期  日 7月6日(木) 場  所 深川市陸上競技場(北海道)

成  績

■10000mA
第14位 岡本  雄大 29分17秒43  
・第1位 カレミ・ズク (トヨタ自動車九州) 28分26秒76
・第2位 藤井 啓介 (トヨタ自動車) 28分36秒66
・第3位 アレックス・ムワンギ (YKK) 28分50秒72
 
■10000mB
第23位 大谷  健太 29分48秒74  
第24位 パトリック・キマニ 29分48秒99  
・第1位 永戸 聖 (山梨学院大) 28分57秒51
・第2位 古賀 淳紫 (安川電機) 29分06秒69
・第3位 我那覇 和真 (日清食品グループ) 29分15秒68
 
☆レースメモ☆

士別、深川、北見、網走の4大会からなるホクレンディスタンスチャレンジに、当部からは大谷(健)、岡本、キマニの3選手が出場。第2戦の深川大会が初戦となりました。 岡本は最終A組に出場しました。気温23℃と少し肌寒く感じるコンディションの中、スタートからハイペースとなりました。4000m付近で集団が2つに分かれ、岡本は後方集団につけていました。後方集団のペースが落ちてくると、岡本は積極的に前に出てペースを上げていきました。9000m付近で粘り切れず後退し、日本人選手12番目となる14位でフィニッシュしました。 また、大谷(健)、キマニはB組で出場。4000mまで集団のペースが安定しない、上げ下げの激しいレースとなりました。キマニは5000mまで先頭集団につけていましたが、集団から遅れると、単独走になりペースダウン。苦しい走りになりました。大谷(健)は第2集団につけてレースを進め、落ちてきた選手をかわしていき、ラストでキマニをかわしゴールしました。

■ ホクレンディスタンスチャレンジ2017大会結果(第4戦 網走大会)

期  日 7月13日(木) 場  所 網走市営陸上競技場(北海道)

成  績

■5000mB
第4位 岡本  雄大 13分59秒99
・第1位 キプロプ・K・ケネス (旭化成) 13分47秒95
・第2位 山中 秀仁 (Honda) 13分59秒35
・第3位 コシタニー・エリンジャ (Honda) 13分59秒84
 
■5000mC
第8位 パトリック・キマニ 14分18秒59
第26位 大谷  健太 14分34秒85
・第1位 浅石 祐史 (ヤクルト) 14分06秒98
・第2位 武田 凜太郎 (ヤクルト) 14分08秒41
・第3位 山本 修平 (トヨタ自動車) 14分11秒16
 
☆レースメモ☆

第4戦の網走大会は、気温が30℃を超え、記録は全体的に低調となりました。 B組に出場した岡本は、集団の中ほどにつけ、1000mを2分44秒、2000mを5分30秒とハイペースで通過。3200mで苦しくなるも、粘りの走りを見せました。ラスト1周の鐘が鳴ると、猛スパートをかけて先頭を追いかけ、日本人トップにはわずか0.64秒足りませんでしたが、13分台でゴールしました。 C組出場の大谷(健)、キマニは集団につけ、1000mを2分52秒で通過しました。大谷(健)は、1200m過ぎの集団の転倒に巻き込まれ、中盤で失速。以降は立て直すことが出来ませんでした。キマニは3600m付近で集団から離れたものの、ラスト1周でスパートし8位に入りました。

 

皆様の温かいご声援誠にありがとうございました!!