• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ニュースリリース

  • twitter


JFEスチール株式会社

ティッセン・クルップ・スチール・ヨーロッパ社と共同で新商品開発
~自動車向け冷間加工用の新ハイテンをグローバルに提案~

当社及びドイツ最大の鉄鋼メーカーであるティッセン・クルップ・スチール・ヨーロッパ社(以下、「tkSE」)は、このたび冷間加工用に新たな980~1180MPa級高張力鋼板(以下、ハイテン)を共同で開発しました。

当製品は、従来の汎用ハイテンと比較し、より高い降伏強度と高い延性、特に優れた局部延性を有しています。これらの特性により、自動車骨格(ホワイトボディー)の更なる軽量化と、衝突安全性能の向上に寄与するとともに、熱間プレス工法を用いず従来の冷間加工(プレス成形・ロールフォーミング)で難成形部品を製造することが可能となるため、生産性の向上と製造コスト低減にも貢献します。

現在の自動車車両設計では、省エネルギーやCO2排出量低減のための軽量化と、衝突安全性能の向上の両立が要求されています。しかし、軽量化のために鋼板を高強度化すると成形加工が難しくなることから、複雑な形状をした部品への適用が難しいという課題がありました。

そこで、当社及びtkSEは特に鋼の局部延性に焦点を当てた新しい鋼組成の設計と、Quenching & Partitioningプロセス(※1)を活用した新たな熱処理方法の確立により、当製品を開発しました。当社及びtkSEは当鋼板及び製造プロセスに関する幅広い知的財産を有しており、これらの製品は当社及びtkSEより自動車用途としてグローバルに供給が可能となっています。当製品の強度レベルは980~1180MPaで、冷延・GA・GIでの提供を予定しており、電気自動車をはじめとする次世代車両への適用も視野に入れております。また、当社及びtkSEは今後も共同で、更なる高強度の製品を開発していく予定です。

当社及びtkSEは当製品の販売を通じて、これからも自動車の安全性向上と車体の軽量化による燃費の向上を通じてCO2排出量削減に貢献し、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

(※1) Quenching & Partitioningプロセス
高温で生成し、延性に寄与するオーステナイト相を室温でも安定に存在させるために、高温から急冷後、再加熱する冶金学的プロセス。

 

【適用部品イメージ】

適用部品イメージ
 

【ティッセン・クルップ・スチール・ヨーロッパ社の概要】

所在地 :ドイツ連邦共和国デュイスブルグ市
CEO :Bernhard Osburg
売上高 :約89億ユーロ(2021年度)
主要製品 :表面処理鋼板、缶用鋼板、冷延鋼板、熱延鋼板ほか
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166

ニュースリリース一覧へ戻る