JFEスチール社長賞ならびに新商品開発賞について|JFEスチール株式会社
  • 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール株式会社

JFEスチール社長賞ならびに新商品開発賞について

当社は、2020年のJFEスチール社長賞および新商品開発賞を決定し、12月23日に表彰式を行いました。受賞内容は以下の通りです。

1. 社長賞:
 
優秀賞:4件
・JSW Steelとの提携事業を通じた新しい海外事業スキームの構築
 
当社は2009年に、成長著しいインドの大手一貫製鉄メーカーであるJSW Steel社(以下、JSW)と戦略的包括提携契約の締結に合意し、2010年にはJSWに資本参加するとともに、技術協力契約を締結しました。 インド独自の事業環境に習熟したJSWを、鉄鋼事業における技術・操業・研究等のノウハウに優れた当社がサポートすることで、JSWの事業価値をさらに高める新しい海外事業スキームを構築しました。 インドでは製造困難であった高付加価値の自動車用鋼板や電磁鋼板の技術支援を核とした製鉄全般の技術支援を通じて、同社の飛躍的成長、およびインド鉄鋼業の発展に大きく貢献してきました。 さらに、一方向の技術支援にとどまらず、双方向の技術・人材交流も推進し、提携のレベルを深化させることで、両社の競争力向上にも寄与しています。
(他の優秀賞の詳細は省略)
 
 
2. 新商品開発賞:
 
(1)金賞:1件
・橋梁の耐久性向上に寄与する新しい耐食鋼板の開発
 
橋梁分野では、ライフサイクルコスト低減のニーズが高まっており、そのニーズに応えるべく、以下の新商品および新技術を開発しました。
 
①塗装橋梁向けに、塗装塗替え回数を1/3に低減する塗装寿命延長鋼『EXPAL®』を開発しました。
②無塗装の耐候性鋼橋梁向けに、ニッケルに頼らない世界初の高塩分対応高耐候性鋼『LALAC®-HS』を開発しました。
③海外を含む各地で蓄積した暴露試験データを基に、各種耐食鋼の適用性評価技術と利用技術を確立しました。
 
これら新商品・新技術によって、ライフサイクルコスト低減だけではなく、施工の省力化、および地球環境への負荷軽減にも寄与しています。

(2)銀賞:3件 詳細省略

(3)銅賞:6件 詳細省略

【写真】北野社長(中央)と社長賞の受賞者

【写真】北野社長(中央)と社長賞の受賞者
 
(ご参考) JFEスチールの表彰制度概要
技術分野及び業務改革等において会社経営に貢献した顕著な成果に対し表彰を行なうもので、(1)案件の内容に応じて「技術表彰」、「功績表彰」、「グループ表彰」に分類表彰され、主にそれらの中から特に優れたものを表彰する『JFEスチール社長賞』と、(2)オンリーワン・ナンバーワン商品の拡大に向けた『新商品開発賞』の、2つの賞から構成されます。 表彰制度の概要は、以下の通りです。
JFEスチールの表彰制度概要
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る