京浜地区の上工程及び熱延設備の休止時期について|JFEスチール株式会社
  • 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール株式会社

京浜地区の上工程及び熱延設備の休止時期について

JFEスチール株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北野 嘉久、以下:当社)は、鉄鋼事業を取り巻く国内外の構造的な環境の変化に対応し、高炉8基体制から7基体制への変更、競争力強化に向けた「選択と集中」による製品製造体制の見直し、を軸とした構造改革を実施することを、2020年3月27日に公表いたしました。

京浜地区の上工程及び熱延設備について、2023年度を目途に休止することとし、以降、全社特別対策本部(本部長:北野社長)で具体的な検討を進めてまいりましたが、本日公表いたしました千葉地区第6高炉の改修が2022年12月(予定)に完了することを踏まえ、京浜地区の上工程及び熱延設備については2023年9月を目途に休止することといたしました。

上工程及び熱延設備休止以降、京浜地区は主として建材向け厚板や鋼管を製造する東日本の拠点として、西日本製鉄所など他地区から半製品の供給を受け生産を継続いたします。

上記休止時期の決定を踏まえ、一連の構造改革に伴う累計約850億円の収益改善効果を早期に発現させるとともに、引き続き本構造改革の一環として、高度ITやデータサイエンスの活用等による業務効率化や生産性向上を図り、本社部門を含めた全社の組織・体制のスリム化を着実に進めてまいります。

お客様、取引先、従業員、地域・行政、株主・投資家など各ステークホルダーには引き続き丁寧にご説明しご理解を得てまいります。

当社は、国内製造拠点の競争力強化と海外事業での収益拡大を重要な施策と位置付け、企業価値の一層の向上を図ってまいります。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株)総務部広報室 TEL 03(3597)3845

【参考】主要休止設備一覧(2020年3月27日公表時点)

地区 休止設備 スペック等 稼働時期 備考
京浜 第2高炉 炉容積5,000㎥ 2004年 3月 2023年9月目途に休止(※)
シャフト炉 炉容積172㎥ 2008年 8月
第1焼結 火格子面積450㎡ 1976年10月
第1コークス 門数124 1976年11月
第2コークス 門数74 1979年 7月
原料設備 荷役受払設備等  
転炉 328t/ch×2基 1976年11月
第1電気炉 50t/ch×1基 1979年 4月
第1連続鋳造機 2ストランド(スラブ) 1976年11月
第3連続鋳造機 2ストランド(スラブ) 1979年 3月
第5連続鋳造機 6ストランド(ビレット) 1982年12月
熱延(除く酸洗・スキンパス) 厚1.2~25.4㎜
幅600~2,300㎜
1979年 3月
第1タンデム 厚0.12~1.65㎜
幅600~1,305㎜
1961年 4月 休止(2020年3月)
第3CGL 厚0.27~2.3㎜
幅610~1,250㎜
1983年 4月
千葉 第2タンデム 厚0.1~0.6㎜
幅600~1,100㎜
1963年 5月 2022年9月目途に休止※
第2CAL 厚0.17~0.6㎜
幅600~1,250㎜
1980年 7月 休止(2020年3月)
第4CAL 厚0.15~0.4㎜
幅600~1,067㎜
1990年 3月 2022年9月目途に休止※
TFL 厚0.1~0.6㎜
幅457~1,067㎜
1983年6月
第2ETL 厚0.1~0.6㎜
幅600~1,067㎜
1972年11月 休止(2020年3月)

※今回休止時期を決定

ニュースリリース一覧へ戻る