MR(複合現実)技術を活用した訓練シミュレータの導入~熟練技術の若手社員への伝承を推進~|JFEスチール株式会社
  • 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール株式会社

MR(複合現実)技術を活用した訓練シミュレータの導入
~熟練技術の若手社員への伝承を推進~

当社はこのたび、最新の複合現実(Mixed Reality、以下MR)技術(※)を活用した教育訓練シミュレータを、西日本製鉄所へ導入しました。製鉄所の熟練現場作業について、最新の仮想化技術を用いることで、実操業と同等の訓練を可能とする、国内鉄鋼業界初のシステムです。

当社では、製造現場の急速な世代交代により、若手層の比率が増加してきています。従来より、技能レベルの維持および向上を図るべく、熟練技能を有する教育専任者を配置し、その技術・知識の標準化を通じた技能伝承を進めてきました。しかし、現場作業の一部は、高温溶融物の取り扱いをはじめとする操業・安全リスクが高い作業であるにも関わらず、熟練が必要であるためOJTに頼らざるを得ず、若手社員に技能を安全かつ着実に伝承するうえでの課題を抱えていました。

このような課題を解決するためには、机上教育やOJTだけではなく仮想的な環境での訓練が有効であると考え、特に熟練が必要な作業に対して、MR技術を活用することにしました。MR技術では、コンピュータ上に忠実に再現されたバーチャルな工場と、現実世界の人の動きを融合した訓練環境を構築することができ、定常的な操業状態、非定常な事象を再現することが可能になります。訓練では3D仮想空間の中の設備を移動したり、一部実際のスイッチを操作したりできるだけでなく、設備の稼働状況も現実のように体験することができます。

このたび、連続鋳造機での溶鋼鋳込み量調整作業について訓練シミュレータを開発し、既に運用を開始しています。通常の操業変化だけではなく、鋳込み量を調整するノズルの閉塞現象をはじめとする異常事態のシナリオも準備しており、予期せぬ操業変化や異常事態に対する訓練を、現実の作業と同様の環境で実施することが可能となりました。さらに、シナリオを容易に追加することができるため、必要に応じて様々な異常事態に対する訓練を追加で実施することができます。OJTの前に本システムで訓練することで、従来と比べて操業・安全リスクを低減できるだけではなく、異常事態での判断や処置を迅速に行うことができます。今後は、この訓練シミュレータを全製鉄所・製造所に展開していくことで、若手社員への熟練技能の伝承をさらに推進していきます。

当社は、「JFE Digital Transformation Center」(『JDXC®』)を開設し、製造プロセスのCPS(サイバーフィジカルシステム)化を進めるなど、DX(デジタルトランスフォーメーション、以下DX)を積極的に推進することで、革新的な生産性向上および安定操業の実現を目指しています。今後とも、製造現場における技能伝承や働き方改革をはじめとするあらゆる分野の課題を、DXを通じて解決していくことで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

 

(※) 複合現実(MR:Mixed Reality)技術
VR(Virtual Reality、仮想現実)とは、コンピュータにより仮想的な空間を作り出す技術
AR(Augmented Reality、拡張現実)とは、現実空間に情報を付加し、現実世界を拡張する技術
これらに対し、MR技術とは、現実空間と仮想空間を混合し、双方がリアルタイムに共存する新たな空間を構築する技術のことです。

 

【新たに導入した訓練シミュレータ】

【新たに導入した訓練シミュレータ】

 

【実際の訓練の様子】

【実際の訓練の様子】

【訓練者の視野】

【訓練者の視野】
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株)総務部広報室 TEL 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る