溶融亜鉛めっきプロセスにおける鋼板非接触制御技術を国内外全製造拠点に展開~高品質な溶融亜鉛めっき鋼板の安定供給体制を確立~|JFEスチール株式会社
  • 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール 株式会社

溶融亜鉛めっきプロセスにおける鋼板非接触制御技術を国内外全製造拠点に展開
~高品質な溶融亜鉛めっき鋼板の安定供給体制を確立~

当社は、溶融亜鉛めっきプロセスにおける鋼板非接触制御技術の開発を進め、国内の全製造拠点(千葉、京浜、倉敷、福山)、および溶融亜鉛めっき鋼板を製造する海外子会社(*1)の全ラインへの導入を完了しました。

溶融亜鉛めっき鋼板を製造する連続溶融亜鉛めっきライン(Continuous Galvanizing Line:CGL)では、高温で溶融した亜鉛のポットに連続的に鋼板を浸漬して引き上げ、過剰に付着した亜鉛をワイピングノズルによって掻き落とすことで、目標のめっき付着量に制御しています。めっき付着量の均一化のためには、ワイピングノズルと鋼板の間隔を一定に保つ必要があり、めっきプロセスにおいて鋼板の振動や反りを抑制することが重要です。

当社は、鋼板の振動および反りを非接触変位計で検出し、電磁石によって発生する吸引力で鋼板の位置を制御することで、非接触で鋼板の振動および反りを抑制する、溶融亜鉛めっき鋼板の非接触制御装置(*2)を開発し、実用化を進めてきました。当社が開発した非接触制御装置は、各ラインの操業条件や製造板サイズに合わせて設計され、鋼板制御に必要な応答性と吸引力を両立する独自技術をカスタマイズして採用することで、鋼板の振動と反りを同時に制御することが可能です。

国内CGLには、制御能力向上の開発を進めながら順次展開してきましたが、2015年以降は海外子会社のCGLにも導入を開始し、このたび2020年2月に稼働したNUCOR-JFE STEEL MEXICOのCGLにも導入を完了しました。本技術は、国内外の全製造拠点において溶融亜鉛めっき鋼板の品質向上に大きく貢献しています。

当社は今後とも、先進的な制御技術を活用した製造プロセス開発、および最新のデータサイエンスに基づく技術開発を積極的に推進し、高品質な溶融亜鉛めっき鋼板の安定供給に努めることで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

 

(*1)鋼板非接触制御技術を導入した海外子会社一覧

社名 所在地
JFE Steel Galvanizing (Thailand) Ltd. (JSGT) タイ ラヨン県
PT. JFE STEEL GALVANIZING INDONESIA (JSGI) インドネシア ブカシ県
Guangzhou JFE Steel Sheet Co., Ltd.
(広州JFE鋼板有限公司/GJSS)
中国 広東省
NUCOR-JFE STEEL MEXICO, S.de R.L.de C.V. (NJSM) メキシコ グアナフアト州
 

(*2)溶融亜鉛めっき鋼板の非接触制御装置

溶融亜鉛めっき鋼板の非接触制御装置

 
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る