鉄鋼需要動向を踏まえた対策について |JFEスチール株式会社
  • 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール 株式会社

鉄鋼需要動向を踏まえた対策について

当社は国内外の鉄鋼需要の減少を踏まえ、需要に見合った生産を継続してまいりましたが、足元の急激かつ大幅な需要減少への更なる対策として、効率的な生産体制での操業、及び従業員の雇用維持の観点から、以下の施策を実施することを決定しました。

 

1.高炉の休止(改修)、バンキング(*)

西日本製鉄所(倉敷地区)第4高炉について4月末を目途に休止し高炉改修工事に着手します。また、西日本製鉄所(福山地区)第4高炉について6月末のバンキング実施に向けて準備を開始します。

(*)バンキング:送風を停止し、再稼働可能な状態で休止すること

 

【西日本製鉄所の高炉(稼働中)の概要】

  炉容積(m3 火入れ時期
倉敷地区 第2高炉 : 4,100 2003年11月(4次)
第3高炉 : 5,055 2010年2月(4次)
第4高炉 : 5,005 2002年1月(3次)
福山地区 第3高炉 : 4,300 2011年5月(4次)
第4高炉 : 5,000 2006年5月(4次)
第5高炉 : 5,500 2005年3月(3次)
 

2.休業の実施

労働組合との協議が整い次第、5月から全社で休業を実施します。

今後も鉄鋼需要の動向を注視し、需要に見合った柔軟かつ迅速な対応を実施してまいります。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る