「Derwent Top100 グローバル・イノベーター 2020」を2年連続で受賞 ~世界で最も革新的な企業・研究機関100社に選出~ |JFEスチール株式会社
  • 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール 株式会社

「Derwent Top100 グローバル・イノベーター 2020」を2年連続で受賞
~世界で最も革新的な企業・研究機関100社に選出~

当社は、クラリベイト・アナリティクス社(本社:米国フィラデルフィア)が選考する「Derwent Top100 グローバル・イノベーター 2020」に選出され、3月5日にトロフィーを授与されました。当社の選出は昨年に引き続き2年連続です。

「Derwent Top100 グローバル・イノベーター」は、世界的な情報サービス企業であるクラリベイト・アナリティクス社が保有する特許データを基に、同社が独自に知財・特許動向を分析し、世界で最も革新的な企業・機関100社を選出するものです。本アワードは、「特許数」、「成功率」、「グローバル性」、「引用における特許の影響力」の4つの評価項目を基本としています。

当社の選定理由として、同社より「4つの評価項目の中で、JFEスチールは特に特許成功率が高く、さらにグローバル性もTOP100社中の上位であることが受賞につながりました」とのコメントを頂いています。

当社は、JFEグループの企業理念「常に世界最高の技術をもって社会に貢献します」のもとで、世界最先端の技術開発を進めるとともに、開発した技術を保護・活用するグローバルな知的財産権の確保に努めています。この取り組みの結果、2019年の実績として全国発明表彰を6年連続で受賞し、また地方発明表彰では最高位である文部科学大臣賞1件を含む5件を受賞しています。
また、2018年から社内制度として「JFEスチール特許表彰」を実施しており、優れた特許を発明した発明者を社長から表彰することにより、より良い技術開発と発明創出の促進を図っています。

当社は今後とも、製造部門と研究開発部門とが一体となってイノベーションの創出を進めるとともに、そこから生み出される知的財産のグローバルな保護・活用を図っていきます。

 

【写真】トロフィーを授与される 当社代表取締役副社長 曽谷保博(左)

【写真】トロフィーを授与される 当社代表取締役副社長 曽谷保博(左)

 
 

(参考)
●クラリベイト・アナリティクス社のプレスリリース
  https://clarivate.jp/top100/2020/
●トップ100社中、日本企業は32社

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る