ベトナムの2大学で鋼構造技術者育成のための寄付講座を実施~鉄鋼を通じた社会インフラ発展への貢献を目指して~ |JFEスチール株式会社
  • 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール株式会社

ベトナムの2大学で鋼構造技術者育成のための寄付講座を実施
~鉄鋼を通じた社会インフラ発展への貢献を目指して~

当社は、ベトナムの鋼構造技術者を育成し、現地の社会インフラの発展に貢献することを目的に、2016年度から経済産業省が所管する民間技術協力機関である海外産業人材育成協会(以下、AOTS)の補助金により、ハノイ国家土木大学(以下、NUCE)、ホーチミン工科大学(以下、HCMUT)の2校にて鋼構造に関する寄付講座(※)を実施してきました。開始以降、4年間で延べ約300名の学生や現地の若手大学講師が受講しています。2020年度からは、本講座を通じて育成された講師が主体的に運営する、各大学の正規授業として実施されることとなり、2019年11月に寄付講座の閉講式が行われました。

ベトナムでは、経済成長を背景にインフラ整備の需要が拡大しており、地下鉄や橋梁など大規模なインフラ工事が実施されています。日本では鋼材を使った構造物が多い一方、ベトナムはコンクリート構造物が中心です。その原因のひとつとして、鋼構造技術は計画から設計、製作、建設、その後の管理に至る各段階で高度な専門技術が必要とされるため、現地の技術者が不足していることが挙げられます。

当社は、2012年度よりNUCEおよびHCMUTと鋼構造に関する共同研究を進めてきており、短工期対応が可能であること、デザイン性の高さ、耐震性の高さなど鋼構造の優位性をPRしてきました。両大学から鋼構造の普及に向けた前述の課題について相談を受けた当社は、将来的にベトナムでの鋼構造の建設プロジェクトを推進できる技術者を育成することを目的とし、経済産業省がAOTSに委託している寄付講座の認定を受け、2017年2月よりNUCEおよびHCMUTにおいて寄付講座を開講しました。

各大学で毎年約30人の学生や現地大学講師を対象に30講義以上を実施し、日本がベトナムで行っているODAプロジェクトの紹介をはじめ、鋼構造建築物、鋼製橋梁の設計技術や要素技術の紹介・演習を行うとともに、また当社のベトナムにおける出資企業であるJ-Spiral Steel Pipe社やAGRIMECO & JFE STEEL PRODUCTS社の工場見学などを実施しました。また、講座終了後には各大学から学生を選抜し、当社スチール研究所でのインターンシップを行いました。さらに各大学から現地大学講師を日本に招き、継続的な講座開設に向けた講師育成も図ってきました。

講座開始後2019年度までの4年間で約300名の学生が受講し、JFEグループでの採用にもつながりました。2020年度以降は本講座を通じて育成された若手講師が中心となり、大学の正規の授業に組み込まれる予定です。これにより、持続的な鋼構造技術者の育成が図られ、鋼構造の普及を通じた社会インフラの発展や、それに伴う鉄鋼需要の拡大が期待されます。2019年11月に寄付講座としての閉講式が開催され、当社から代表取締役副社長 曽谷保博が参加したほか、大阪大学接合科学研究所の南二三吉教授や在ベトナム日本国大使館 書記官、在ホーチミン日本国総領事をはじめ多くの来賓が参列しました。

当社は今後も、社会の安全・安心を支える最先端の鉄鋼製品や工法の開発に努めるとともに、国内で培ってきた鋼構造技術の海外での普及活動を通じて、東南アジアをはじめとする世界の社会インフラの持続的な発展に貢献していきます。

(※)寄付講座…行政機関や企業からの寄付金を財源に、期限付きの客員教員を招いて開かれる講座。

 

【写真1】ハノイ国家土木大学での閉講式

【写真1】ハノイ国家土木大学での閉講式

 

【写真2】閉講式での特別講演(南二三吉教授)

【写真2】閉講式での特別講演(南二三吉教授)

 

【写真3】AGRIMECO & JFE STEEL PRODUCTS社の見学

【写真3】AGRIMECO & JFE STEEL PRODUCTS社の見学

 

【写真4】日本でのインターンシップ

【写真4】日本でのインターンシップ

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166

ニュースリリース一覧へ戻る