• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language
  • Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索
    • ウェブ全体を検索

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール株式会社

冷間成形用1310MPa級高張力鋼板が車体骨格部品に初採用

このたび、当社が開発した1310MPa級高張力鋼板が、マツダ株式会社の新型「MAZDA3」の車体骨格部品に冷間プレス成形用途として世界で初めて採用(※1)されました。冷間プレス成形による車体骨格部品の強度としては、世界最高レベルとなります。

車体骨格部品は衝突時の乗員保護と軽量化による燃費改善のため高強度化が進められていますが、高強度化すると冷間プレス成形が難しくなることなどから、これまでは1180MPa級までの高張力鋼板が適用されていました。また、従来の1310~1470MPa級高張力鋼板は、バンパー部品などに適用されていますが、ロール成形など加工方法が限定されていました。

今回、マツダ株式会社と共同で技術開発に取り組み、従来の加工方法の限定を解消すると共に、プレス成形性、部品の寸法精度などの技術課題を解決したことにより、冷間成形用1310MPa級高張力鋼板の車体骨格部品への採用が可能となりました。

冷間成形用1310MPa級高張力鋼板は、西日本製鉄所(福山地区)にある独自のWQ方式(※2)連続焼鈍プロセス(JFE-CAL)の高い冷却能力を活用して、合金の添加を極限まで低減して優れた耐遅れ破壊特性(※3)や強度の安定化などに成功した高張力鋼板です。

当社では、本鋼板の採用範囲拡大と、更なる高性能な高張力鋼板の開発により、安全で環境にやさしい自動車の開発に大きく貢献してまいります。

(※1)当社調べ。
(※2)WQ方式:水焼入れ。Water Quenchの略。
(※3)遅れ破壊:水素に起因するプレス成形後の静的な脆性割れ。

 

【写真】新型「MAZDA3」(北米仕様車)

【写真】新型「MAZDA3」(北米仕様車)

(画像提供:マツダ株式会社)

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166  

ニュースリリース一覧へ戻る