ニュースリリース


JFEスチール株式会社

世界最高強度1470MPa級冷延ハイテンが
「第13回エコプロダクツ大賞」の経済産業大臣賞を受賞

当社はこのたび、「世界最高強度の自動車用冷間プレス部品を実現:1.5ギガパスカル級冷延鋼板」の功績により、「第13回エコプロダクツ大賞」(主催:エコプロダクツ大賞推進協議会、後援:財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)の経済産業大臣賞を受賞しました。

「エコプロダクツ大賞」は、すぐれたエコプロダクツ(環境負荷の低減に配慮した製品・サービス)に関する情報を需要者サイドに広く伝えるとともに、供給者である企業等の取り組みを支援し、エコプロダクツのさらなる開発・普及を図ることを目的に、2004年に創設されました。

本日、東京ビッグサイト(東京・江東区)で開催中の「エコプロダクツ2016」会場にて、表彰式が行われました。また、「エコプロダクツ2016」のJFEグループブースでは、「1.5ギガパスカル級冷延鋼板」について詳しく説明したパネルを展示しています。

1.受賞件名:
世界最高強度の自動車用冷間プレス部品を実現:1.5ギガパスカル級冷延鋼板

2.受賞理由:
今回の受賞は、冷間加工によるエネルギーロス削減と鋼板製造・製品使用時のCO2削減効果が高く評価されたものです。

3.受賞概要:
「1.5ギガパスカル級冷延鋼板」は、常温で成形する冷間加工による自動車部品の強度としては、世界最高強度の冷延鋼板です。 自動車部品は、衝突安全性の向上や車体軽量化によるCO2低減のため、高強度化が求められています。そこで当社は、西日本製鉄所(福山地区)にある独自のWQ方式(※)連続焼鈍プロセス(JFE-CAL)を活用し、世界最高強度の「1.5ギガパスカル級冷延鋼板」を開発しました。WQ方式の極めて高い冷却速度(1000℃/秒以上)を利用して高強度化し、車体を軽量化することで、CO2発生量を低減することができます。 (※)WQ方式:水焼入れ。Water Quench。

 

【写真1】授賞式で賞状を受け取る丹村副社長(左)

【写真1】授賞式で賞状を受け取る丹村副社長(左)

 

【写真2】受賞者たち

【写真2】受賞者たち

 

【写真3】受賞した「1.5ギガパスカル級冷延鋼板」を使用したバンパーレインフォースメントの断面

【写真3】受賞した「1.5ギガパスカル級冷延鋼板」を使用したバンパーレインフォースメントの断面

 

【写真4】「エコプロダクツ2016」のJFEグループブースの様子

【写真4】「エコプロダクツ2016」のJFEグループブースの様子   【写真4】「エコプロダクツ2016」のJFEグループブースの様子

【関連URL】

http://www.jfe-steel.co.jp/release/2016/11/161124.html

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166

ニュースリリース一覧へ戻る