• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール株式会社

当社独自開発技術が計測自動制御学会論文賞・蓮沼賞を受賞

このたび、当社が独自開発した計測制御技術に関する論文が公益社団法人計測自動制御学会の2018年計測自動制御学会論文賞・蓮沼賞はすぬましょう※1を受賞しました。表彰式は9月13日(木)にSICE Annual Conference 2018(奈良県奈良市)にて執り行われました。

1. 受賞件名:
「分光スペクトルと多変量解析を用いた放射率変動を受けない新放射測温技術の提案」

2. 受賞者:

大重 貴彦 スチール研究所 計測制御研究部 主任部員
(現所属:JFEテクノリサーチ(株))
津田 和呂 スチール研究所 計測制御研究部 主任部員
(現所属:データサイエンスプロジェクト部)
 

3. 受賞内容:
安定した鋼板品質の維持のためには、製造各プロセスでの温度制御が必要であり、そのためには正確な測温が重要な役割を担っています。しかしながら熱処理のプロセスで放射温度計を使用する際に、測定対象の放射率※2の変動による測定誤差が発生してしまう永年の課題がありました。 この課題に対して、分光スペクトルに多変量解析を適用することにより、放射率変動の影響を受けない情報を取り出して温度を求めるという画期的な新手法を開発しました。この開発は、スチール研究所計測制御研究部が中心となり、近年、産業界での応用が著しいデータサイエンス技術をいち早くセンサ高性能化に適用し、開発したものです。

今後とも当社は、高機能・高品位な鋼板の安定供給を通じ、多様化するお客様のニーズに応えてまいります。

 

※1
計測自動制御学会では、過去2年間に同学会会誌『計測と制御』、『計測自動制御学会論文集』、『Web 論文(産業論文)』および『英文論文集』に掲載された論文の中から、同学会が関与する科学技術の分野において、学問技術の発展に寄与するところの大きい論文の著者に論文賞や技術賞を授与しています。この中でも、同学会の初代会長である蓮沼宏(はすぬまひろし)東京大学名誉教授の功績を記念する個人名を冠した学会賞が毎年1件以内選ばれています。

※2
放射率は物体がその温度に対応する放射光を発する効率を表した数値。放射光量から温度を求める放射温度計においては、正確な値が必要とされる。

 

【写真】(左から)津田 和呂氏、大重 貴彦氏

【写真】(左から)津田 和呂氏、大重 貴彦氏

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株)総務部広報室 TEL 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る