• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール株式会社

平成29年度 優秀省エネルギー機器表彰をダブル受賞
~「焼結機点火用2段燃焼式ジェットバーナ」と
「自己排ガス再循環型ラジアントチューブバーナ」~

当社はこのたび、平成29年度優秀省エネルギー機器表彰において、「焼結機点火用2段燃焼式ジェットバーナ」で資源エネルギー庁長官賞と「自己排ガス再循環型ラジアントチューブバーナ」で日本機械工業連合会会長賞を同時に受賞し、昨日、ホテルグランドパレス(東京・千代田区)にて表彰式が開催されました。

優秀省エネルギー機器表彰は、昭和55年度から毎年、優秀な省エネルギー機器の普及と省エネルギー機器の開発を促進することを目的に、一般社団法人日本機械工業連合会がエネルギーの効率的利用の推進に貢献した個人または団体を表彰するものです。

 

1.表彰名と受賞件名:
(1) 資源エネルギー庁長官賞 : 「焼結機点火用2段燃焼式ジェットバーナ」 (2) 日本機械工業連合会会長賞 : 「自己排ガス再循環型ラジアントチューブバーナ」

2.受賞団体:
JFEスチール株式会社 (代表者名:代表取締役社長 柿木 厚司)

3.開発の概要:
(1)資源エネルギー庁長官賞 「焼結機点火用2段燃焼式ジェットバーナ」

 

高炉の主原料の焼結鉱の製造工程において、焼結反応を開始させるため、原料表面を1200℃以上に加熱する必要があります。今回開発した「2段燃焼式ジェットバーナ」は、この加熱に必要なバーナのエネルギー効率を高め、従来技術にはない大幅な省エネを達成できる加熱技術です。 具体的には、2つのバーナを組み合わせることで、バーナ火炎の安定化と高速化を両立させることに成功し、加熱面での火炎運動エネルギー向上による熱伝達の促進によってエネルギー効率を向上させています。 本加熱技術を倉敷地区の焼結工場に3件導入して、従来と比べて、燃料ガス使用量は約30%低減し、年間約2,100tのCO2排出量の削減に寄与しています。

 

【図1 焼結プロセス概要】

【図1 焼結プロセス概要】

 

【写真1 点火炉と開発した2段燃焼式ジェットバーナの火炎】

【写真1 点火炉と開発した2段燃焼式ジェットバーナの火炎】

 

(2)日本機械工業連合会会長賞
「自己排ガス再循環型ラジアントチューブバーナ」

 

今回開発した「自己排ガス再循環型ラジアントチューブバーナ」は、鋼板の連続焼鈍炉で用いられる放射伝熱管(ラジアントチューブ)方式の加熱用バーナです。国内トップレベルの超低NOxバーナとコンパクトレキュペレータを組合わせ、NOx性能と省エネ性能の両立を図っています。超低NOxバーナは、チューブ内で排ガス再循環させる新発想の画期的な燃焼方式を適用し、燃焼中の火炎温度と酸素濃度を低減することができます。その結果、従来 排熱回収をするために燃焼用空気温度を上げると著しく上昇していた、NOx値を抑制することに成功いたしました。また排熱回収用に、非常にコンパクトなレキュペレータを採用し、既存の装置を容易に改造できるように配慮しております。本バーナは福山地区の2つの連続焼鈍炉に合計162基導入して、燃焼ガス使用量を12%低減、19t/年のCO2排出量削減を達成。今後も更なる適用拡大により、環境負荷低減に寄与していきます。

 

【図2および写真2 開発した自己排ガス再循環型ラジアントチューブバーナ】

【図2および写真2 開発した自己排ガス再循環型ラジアントチューブバーナ】

 

【表彰式写真 資源エネルギー庁長官賞】
(前列左から)原主任部員、岩田主任部員、弟子丸西日本製鉄所長、村上部長
(後列左から)堀川主任部員、野中氏

【表彰式写真 資源エネルギー庁長官賞】

 

【表彰式写真 日本機械工業連合会会長賞】
(前列左から)苅部主任部員、岡田主任部員、弟子丸西日本製鉄所長、田中部長
(後列左から)日本ファーネス 安室副社長、関口社長、北原課長

【表彰式写真 日本機械工業連合会会長賞】

 

当社は今後も、お客様のニーズにお応えできる最先端の技術革新、商品開発に注力し、高効率化により省エネルギーを推進してCO2排出量の削減に貢献してまいります。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る