• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール株式会社

低CO2川崎ブランド’17の認定について

川崎市(市長:福田紀彦)が制定している「低CO2川崎ブランド」において、当社の「環境調和型溶銑予備処理プロセス」が本ブランドとして認定されました。本日、とどろきアリーナ(川崎市中原区)で開催中の「川崎国際環境技術展2018」内で行われた認定結果発表会にて、証書が授与されました。

「低CO2川崎ブランド」とは、ライフサイクル全体でのCO2の削減を促すことを趣旨として、川崎市内で製造または研究開発された製品・技術の中から、特にCO2排出削減に寄与するものを川崎市が認定する制度です。

当社はこれからも世界最高レベルのエネルギー効率を実現し、更なる省資源・省エネルギーに資する生産プロセスや商品の開発を通じて、地球環境に貢献してまいります。

 

<認定された技術・製品>
「環境調和型溶銑予備処理プロセス」
今回、製鋼工場の溶銑予備処理(※)プロセスにおいて開発した「脱硫剤投射法」とは、新たに投射用のランス(ノズル)を設置し、高速の搬送ガスと共に脱硫剤を溶銑上に吹き付ける方法です。これにより、脱硫剤を直径1mm以下の微細の状態のまま直接溶銑内に添加でき、凝集成長を抑制することで、脱硫剤と溶銑との反応促進に繋がり、脱硫効率が1.3倍向上することで、CO2排出を削減することができます。

 
従来法 今回開発した方法
 

(※)溶銑予備処理とは、高炉から出銑された溶銑に含まれる珪素や硫黄、リンなどの不純物を予め除去(脱珪・脱硫・脱リン精錬)するプロセスで、副原料の使用量削減や歩留り向上を目的としています。機械撹拌式銑脱硫装置は、インペラーとよばれる撹拌羽根で溶銑を撹拌しながら、添加した脱硫剤を溶銑内に巻込ませ、脱硫精錬を行う設備です。

 

【写真】川崎市の福田紀彦市長(左)と当社東日本製鉄所(京浜地区)石毛俊朗副所長

【写真】川崎市の福田紀彦市長(左)と当社東日本製鉄所(京浜地区)石毛俊朗副所長

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株)東日本製鉄所(京浜地区)総務部総務室 TEL 044(322)1119

ニュースリリース一覧へ戻る