• 拠点情報
  • サイトマップ
  • Language

PC版

MENU

ニュースリリース


JFEスチール株式会社

『JFEトポロジー最適化技術』が三菱自動車工業株式会社に採用
~自動車車体において初の接合位置最適化技術を開発~

当社の『JFEトポロジー最適化技術』が、三菱自動車工業株式会社(以下、「MMC」)が発売した「アウトランダーPHEV S Edition」、新型「エクスパンダー」および新型「エクリプスクロス」に適用された構造用接着剤の塗布位置決定の設計手法として、採用されました。これは、当社とMMCが共同で構造用接着剤の実車適用検討を行い、構造用接着剤の効率的な塗布位置を『JFEトポロジー最適化技術』で設計することにより、最小の接着剤使用量で、最大の性能向上を達成したことによるものです。

当社は、CO2排出量削減や燃費向上を目的とした車体軽量化のニーズに対し、ハイテンなどの高機能鋼板をお客様に提供するとともに、自動車の剛性や操縦安定性を向上させるための設計手法として、部品形状および接合位置の最適化に関する技術開発を行っています。

自動車のボディ部品同士は、スポット溶接で結合されていますが、特に高剛性が求められる部分(図の赤線部)は、スポット溶接と併せて、構造用接着剤を用いた面での接合も行います。これは、重量増加を抑えながら車体剛性を向上させ、高い操縦安定性を可能にする方法の一つですが、接着剤塗布によるコストアップが問題でした。そのため、車体に合計100m以上あるフランジ(※)部から、性能向上に有効な部分を効率よく抽出し、塗布量を少なくすることが車体設計において求められていました。

トポロジー最適化技術は、与えられた設計空間から要求特性に対し、最も効率のよい材料のレイアウトを求めることができる解析方法です。自由度が高い構造最適化手法の一つであり、従来は鋳物や樹脂の形状最適化に用いられていました。今回採用された『JFEトポロジー最適化技術』は、トポロジー最適化の解析プロセスを、当社が初めて、薄板からなる量産車体での部品接合位置最適化に応用したものです。車体剛性を効率的に向上させる接着剤の塗布位置を、高い精度で特定することができます。

当社は、素材提供だけでなく、お客様の商品性能向上を可能にするソリューションを提供するため、自動車の設計段階からお客様と協力し合うEVI活動(Early Vendor Involvement)を積極的に展開しております。今後もEVI活動をさらに深め、お客様との協業に注力していきます。

(※)フランジ部:部品同士を接合するために、つばのような形状をしている部分のこと。

 

【図】構造用接着剤の塗布位置(MMC Webサイトより)

【図】構造用接着剤の塗布位置(MMC Webサイトより)

 

【写真】「アウトランダーPHEV S Edition」

【写真】「アウトランダーPHEV S Edition」

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る