ニュースリリース


JFEスチール株式会社

西日本製鉄所(福山地区)第3コークス炉A団・B団更新について

このたび当社は、西日本製鉄所(福山地区)第3コークス炉A団(52門)・B団(52門)の更新を決定しました。総投資額は、約270億円です。

 

【更新概要】第3コークス炉A団 着工時期(予定):2018年度上期 稼働時期(予定):2019年度下期 年産能力(予定):約36万トン/年

 

【更新概要】第3コークス炉B団 着工時期(予定):2019年度下期 稼働時期(予定):2021年度下期 年産能力(予定):約36万トン/年

 

現在更新中の東日本製鉄所(千葉地区)第6コークス炉B団が稼働すると、全社でコークスの全量自給化が可能となりますが、さらなる競争力強化と持続的成長を見込み、今回の更新を決定しました。

すでに当社の他コークス炉で実績のあるパドアップ工法を採用し、短工期かつ低コストでの更新を目指します。また、稼働後はより効率的で、環境に配慮した操業を実現します。

当社は今後も、国内製造基盤の強化を継続し、世界トップクラスの製造実力のさらなる向上を目指してまいります。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る