ニュースリリース


JFEスチール株式会社

日比谷本社にて鉄を使ったアート作品を展示
~鉄を扱うアーティスト・長坂絵夢氏の作品を展示~

当社日比谷本社23階にて、~12月22日まで、鉄を扱うアーティスト・長坂絵夢氏の展示会「EMU NAGASAKA : fallen leaves –corrosion- 」を開催しています。鉄を素材とした作品を5点展示しており、平日9時~17時であれば、どなたでもご覧いただけるようになっています。

 

【写真】日比谷本社での展示イメージ

【写真】日比谷本社での展示イメージ 【写真】日比谷本社での展示イメージ
 

長坂氏は、国内外で作品を発表しているアーティストです。鉄を素材とした作品をメインで製作しており、その縁で今回の展示会が開催されることになりました。なお、作品の一部素材は当社東日本製鉄所(京浜地区)およびJFE鋼材株式会社より提供しております。

展示会のコンセプトは、下記の通りです。
『鉄(Fe)は地球上の物質の中でも存在量が多い。それはこの地球が鉄の惑星と言われる程。生命の源とも言われ、自然の中、生物の中、私たちの体内にも鉄はある。そして人々の暮らしを豊かにする為にも必要とされ、身近な素材としても鉄は人の手を通じあらゆる姿となって私たちの日常の中に存在している。
目に映る風景を改めて見れば、そこには大量の鉄があることに気づく。 そしてそれが必然であることにも気づく。私たち人間と鉄の関係は密接であり続けるという事に。』
「fallen leaves –corrosion-」では、循環をテーマに森林土壌という一つのシーンを切り取り、鉄の身近さや森や川や海と自然界の循環や目に見えない部分での人々の生きる環境における関係性に目を向け、自然物へと還る鉄の様相を作品にしている。宇宙の元素から始まる鉄、人々と物質のストーリーに迫る。

 

EMU NAGASAKA : fallen leaves –corrosion-

 

新たな鉄の魅力と可能性が感じられる展示となっていますので、是非お越しください。当社は今後とも、様々な方法で鉄の魅力や可能性を伝え、鉄鋼業の認知度向上や理解促進に努めてまいります。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166

ニュースリリース一覧へ戻る