ニュースリリース


JFEスチール株式会社

「つばさ杭®」の海外案件向け初納入について

このたび、当社の先端翼付き回転貫入鋼管杭(以下、「回転杭」)である「つばさ杭®」が、海外の建設工事に初めて適用され、製品の納入および施工を完了しました。

つばさ杭は、当社が1999年に開発した、支持力性能と環境性能を兼ね備えた回転杭です。これまで国内において、主に建築基礎や橋梁基礎向けなど、累計800件、鋼材重量にして15万トンを超える納入実績があります。

近年、日本のODA案件を中心とした海外の建設工事において、回転杭工法が評価され、設計採用される事例が増えています。今回、日本国の無償援助案件として発注された、トンガ王国の国内輸送船用埠頭改善計画において、回転杭が旅客ターミナルビルの新設基礎杭として設計採用されました。

これに対し当社は、回転杭の製造を日本ではなく、ベトナムの当社管理下にある工場で行うことを提案し、そのコスト競争力が評価され、つばさ杭が採用されました。

今回は、南太平洋の島国での案件で、施工に必要な資機材をタイムリーに入手することが難しく、また施工基盤が珊瑚石灰岩で、杭の打ち止めが厳しい環境でした。しかし、これまでに当社および、つばさ杭技術協会(※)が日本国内で培った知見やノウハウを生かし、つばさ杭の納入および施工を完了しました。

今後も当社は、日本独自の技術である回転杭工法の優位性を活かしながら、つばさ杭の海外案件への適用を積極的に進めてまいります。

つばさ杭は、JFEスチールの登録商標です。

(※)つばさ杭技術協会:つばさ杭の普及と技術の向上、発展を目的として、JFEスチールおよび施工会社9社で構成する工法協会。

 

【案件概要】

案件名称 国内輸送船用埠頭改善計画
発注者 トンガ王国 社会基盤省
設計・監理 株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバル
施工請負者 東亜建設工業株式会社
杭製造会社 J・スパイラルスチールパイプ社
杭施工会社 千代田工営株式会社
杭仕様・数量 つばさ杭(閉端2.5倍翼)
φ318.5/267.4mm×t12.7mm×L13.5m×146本(約200t)
施工期間 2017年1月3日~2月3日
 
【写真1】今回採用されたつばさ杭
【写真1】今回採用されたつばさ杭
【写真2】つばさ杭の施工状況
【写真2】つばさ杭の施工状況
 
【図】埠頭の完成予想図
【図】埠頭の完成予想図
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166

ニュースリリース一覧へ戻る