ニュースリリース


JFEスチール株式会社

西日本製鉄所(倉敷地区)形鋼工場 生産基盤強化について

当社は、西日本製鉄所(倉敷地区)形鋼工場の生産基盤強化の第一弾としてSuperOLAC®-Sの更新投資を実施し、3月18日より営業運転を開始いたしました。

今回の投資により、建築向けの主力商品であるスーパーハイスレンド®H(SHH)をはじめとする高機能材や、HBL-H355®などの高強度材の更なる製造安定化や生産効率化を図ることで、旺盛な建設需要に着実に応えることができるようになります。 また、2017年12月には鋼矢板製造用の中間ミルの増強更新投資も計画しており、この投資により、ハット形鋼矢板の製造安定化、リードタイム短縮が可能になります。 東京オリンピック・パラリンピックに向けた建築需要はもとより、2020年以降も老朽インフラの更新需要、国土強靭化投資などにより、建築需要は堅調に推移すると考えております。 今後も、(倉敷地区)形鋼工場の設備更新投資、設備増強投資を計画的に実行し、鋼材の安定供給を通じて、これらの社会インフラ整備に貢献して参ります。

SuperOLAC®-Sとは、形状や材質を制御するH形鋼の冷却設備であり、稼働から20年を経過し、設備の劣化が進行したことから更新を行いました。 今回の更新では、冷却の均一性を更に向上するための施策も実施しており、高機能・高強度商品の品質安定化も期待されます。

鋼矢板の圧延は、矩形の鋼片を鋼矢板形状に粗成形するための粗圧延機、寸法形状の造り込みの中心となる中間圧延機、厚みと爪形状の最終成形を行う仕上げ圧延機で行います。このうち、中間圧延機の強度アップを目的に、圧延機の更新による圧延機の躯体サイズアップを計画しております。 これにより、大断面サイズの鋼矢板の製造が安定化し、品質の向上、リードタイムの短縮が図られるとともに、高強度化等の更なるお客様ニーズに応えることが可能になります。

 

【図】形鋼ラインのプロセス

【図】形鋼ラインのプロセス

 

【写真】更新されたSuperOLAC®-S

【写真】更新されたSuperOLAC®-S

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166

ニュースリリース一覧へ戻る