ニュースリリース


JFEスチール株式会社

国内最大厚の建築構造用冷間ロール成形角形鋼管を商品化
~板厚28mmで大臣認定取得し、サイズラインナップを拡充~

このたび当社は、建築構造用冷間ロール成形角形鋼管(以下、「冷間ロールコラム」)の製造範囲を、国内最大となる板厚28mmまで拡大し、国土交通大臣の認定(※1)を取得しました。これにより、当社の冷間ロールコラムの製造可能サイズを5断面、拡充しました。 冷間ロールコラムとしては大径となる、外径450~550mmのシリーズに板厚28mmを加えたほか、外径300・350mmのシリーズも、それぞれ板厚22と25mmの新サイズを揃えました。(表1)

当社は2013年に、冷間ロールコラムとして広く普及している「BCR295」の外径400~550mmシリーズで、板厚25mmを『JBCR295』(※2)として、国内で初めて商品化しました。今回のサイズ拡充は、更なる厚肉化のニーズに応えたもので、強度と靭性を兼ね備え、「BCR295」と同様の設計・施工法が適用できます。(表2)

「BCR295」と『JBCR295』の活用により、主要な用途である事務所、店舗、倉庫等の中低層建築分野(図1)において、居室有効面積の拡大やロールコラムで設計可能な建物規模の拡大に繋がります。

当社は今後、鉄骨造建築物への「BCR295」と『JBCR295』の採用拡大を目指します。また、引き続きお客様のご要望に幅広くお応えすべく、付加価値の高い建築建材商品の開発に努めてまいります。

「BCR」は一般社団法人日本鉄鋼連盟の登録商標です。

 

(※1)国土交通大臣認定
建築基準法に基づく国土交通大臣認定。建築基準法第37条で指定された材料と異なる材料の使用については、大臣認定の取得が必要となる。今回の認定番号は「MSTL-0495」。

【表1】「BCR295」・『JBCR295』のサイズ表

辺長
(mm)
板厚(mm)
6 9 12 16 19 22 25 28
200          
250        
300 ○∗    
350   ◎∗  
400    
450   ◎∗
500    
550      

○:BCR295、◎:JBCR295、 :今回追加サイズ
・小径サイズ(辺長150mm、175mm)はJFE溶接鋼管株式会社より供給しております。小径を加えたサイズ数は国内最多となります。
・∗印のサイズをご注文の際はあらかじめご相談ください。

 

【表2】「BCR295」・『JBCR295』(認定番号MSTL-0495)の機械的性質に関する製品規格概要

種類

記号
板厚


mm
降伏点


N/mm2
引張
強さ

N/mm2
降伏比


伸び シャルピー吸収
エネルギー
試験片 規定値
試験
温度
規定値
J
BCR295 6以上
12未満
295以上 400以上
550以下
5号 27以上 0
12以上
16以下
295以上
445以下
90以下 27以上
16超え
22以下
33以上
JBCR295 22超え
25以下
295以上
445以下
400以上
550以下
90以下 5号 33以上 0 27以上
25超え
28以下
1A号 14以上
 

(※2)『JBCR295』に関する設計法評定の取得 指定性能評価機関である一般財団法人日本建築センターより、『JBCR295』については既存鋼種「BCR295」と同じ設計の取扱いでよいとする評価を取得しています。今回の評定番号は「BCJ評定-ST0216-02」。

 

【図1】中低層建築で多く採用される構造形式(コラム-H構造)

【図1】中低層建築で多く採用される構造形式(コラム-H構造)

 

<参考>

【写真】曲げ試験状況(□-550×28) 【図】荷重-変形関係(□-550×28)
【写真】曲げ試験状況(□-550×28) 【図】荷重-変形関係(□-550×28)
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166

ニュースリリース一覧へ戻る