ニュースリリース


JFEスチール株式会社

鉄鋼製品向け「ミルシート偽造判定システム」の稼働

当社はこのたび、偽造されたミルシートに対応する「ミルシート偽造判定システム」を鉄鋼業界において、日本で初めて稼働させました。

昨今、海外を中心に、製品出荷時に提供するミルシートが何者かに偽造され、お客様から問合せを受けるケースが多くみられます。それらの偽造ミルシートの事例は、記載内容がすべてデタラメなものから、お客様名や規格・寸法・試験値などの書き換え、備考欄への追記など様々です。そこで当社は、偽造ミルシートへの対応としてまず偽造防止用紙を導入し、加えて他社に先駆けて「ミルシート偽造判定システム」を稼働させました。

偽造防止用紙は、お客様および当社でミルシートが原本かコピーかを識別できる透かし、サーモクロミックや隠し文字など、お客様が改ざん有無を識別できる模様を施したものです。また「ミルシート偽造判定システム」は、その用紙に印字されたQRコード®をスマートフォンで読み込むことにより、すぐ当社の正規ミルシートの内容を参照することができる独自のシステムです。即座にお客様自身で真偽判定ができる上、その画面から直接当社へお問合せいただくこともできます。

これは16年3月から、知多製造所で製造された鋼管のミルシートに導入しており、今後は鋼管以外の各品種への展開も可能です。

当社はこれからも、ミルシート偽造行為に対して厳粛な対処を行い、お客様を偽造被害から守るために対応してまいります。

「QRコード®」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

 

【図】「ミルシート偽造判定システム」の概要

【図】「ミルシート偽造判定システム」の概要

 

【参考】当社ホームページ
http://www.jfe-steel.co.jp/millsheet.html

ニュースリリース一覧へ戻る