ニュースリリース


JFEスチール株式会社

欧州ガス運搬用パイプライン向け鋼材を受注

当社はこのたび、ギリシャのパイプメーカーであるCORINTH PIPEWORKS PIPE INDUSTRY S.A.(以下、「コリント社」)と伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社(本社:東京都中央区、社長:松浦康夫)と共同で、欧州のガス運搬用パイプラインプロジェクトTrans Adriatic Pipeline(以下、「TAP」)向け鋼材を受注しました。当社の幅広い商品対応力を活かし、熱延鋼板、厚板鋼板、およびUOE鋼管を合計78,000トン納入します。

TAPはスイスに本社を置くTrans Adriatic Pipeline AGによって実行され、アルバニアやアドリア海を横断し、カスピ海産の天然ガスをトルコ/ギリシャ国境からイタリアまで運搬する約878kmのパイプライン案件です。使用される鋼材の総量は約526,000トンにもなります。

熱延鋼板と厚板鋼板は、コリント社に原板として納入し、ギリシャで造管されます。鋼材はすべて当社の西日本製鉄所(福山地区)および東日本製鉄所(京浜地区)で製造し、年内に全量出荷完了する予定です。

当社は今後とも、高機能・高品質な鋼材商品の提供を通じて、世界の資源・エネルギー開発に貢献してまいります。

 

【地図】TAP

【地図】TAP

 

【URL】コリント社ホームページ
http://www.cpw.gr/en/

 

【参考】TAP持ち株比率

  • BP社 20%
  • SOCAR社 20%
  • Snam社 20%
  • Fluxys社 19%
  • Enagas社 16%
  • Axpo社 5%
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る