ニュースリリース


JFEスチール株式会社
伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社

エジプトの主要な冷延・表面処理メーカーへ出資

JFEスチール株式会社(本社:東京都千代田区、社長:柿木厚司、以下「JFEスチール」)と伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社(本社:東京都中央区、社長:松浦康夫、以下「伊藤忠丸紅鉄鋼」)は、このたびエジプトで主要な冷延・表面処理メーカーであるカンディル社の発行済み株式を、それぞれ4.4%、12.1%合計16.5%、共同で取得しました。

エジプトは、北アフリカ・中近東地域(MENA)で最大、かつ今後も成長が期待される鋼材市場です。その中で、カイロに拠点を置くカンディル社は、高級鋼拡販のための高品質な原板の安定調達と技術支援を、JFEスチールと伊藤忠丸紅鉄鋼は、成長地域での高級鋼を含めた安定的な鋼材販売先の確保とビジネス拡大を目指しており、三社の考えが一致したことから、今回の株式取得に至りました。

カンディル社は、1865年にその起源を発し、2015年で創業150周年を迎えるエジプトの冷延・表面処理メーカー名門企業です。現在は家電、電気産業、商業用自動車、建材用途向けに、冷延鋼板・溶融亜鉛鍍金鋼板・カラー鋼板を年間約60万トン製造・販売し、それぞれの品種でエジプトNO.1シェアを誇っています。

2000年にJFEスチール(旧川崎製鉄)が、冷間圧延ラインをカンディル社に納入したことから取引関係が始まりました。その後も伊藤忠丸紅鉄鋼を通じてカンディル社に鋼材を供給継続、拡大し、その関係を強化してまいりました。

今後、JFEスチールと伊藤忠丸紅鉄鋼は、カンディル社と連携しながら、鋼材需要の高い伸びが予想されるエジプト市場において、より一層のマーケット開拓、および高級鋼の需要捕捉に注力してまいります。

【写真】

右から JFEスチール馬越学専務、カンディル社Amr Kandil CEO 伊藤忠丸紅鉄鋼高橋俊彦鋼材第二本部長

右から JFEスチール 馬越学専務、カンディル社Amr Kandil CEO
伊藤忠丸紅鉄鋼 高橋俊彦鋼材第二本部長

 

【カンディル社 概要】

名称 Kandil Steel(S.A.E)
本社 エジプト・カイロ
創業 1865年
設立 1997年
事業内容 冷延鋼板・溶融亜鉛鍍金鋼板・カラー鋼板の製造・販売
社員数 約1,000名
社長 Amr Kandil氏
資本金 EGP 315百万(約5,182百万円)
設備能力 酸洗ライン – 720,000MT/年
  冷間圧延ライン – 613,000MT/年
  焼鈍ライン – 234,000MT/年
  溶融亜鉛鍍金ライン – 408,000MT/年
  カラー鍍金ライン – 60,000MT/年
 

【写真】カンディル社外観

【写真】カンディル社外観
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166
伊藤忠丸紅鉄鋼(株)経営企画部広報チーム TEL 03 (5204) 3305

ニュースリリース一覧へ戻る