ニュースリリース


JFEスチール株式会社

大径鋼管製造設備『NEOプレス』を活用した高能率製造プロセスが
第13回(平成27年度)新機械振興賞 機械振興協会会長賞を受賞

当社 西日本製鉄所(福山地区)の大径鋼管製造設備『NEOプレス』を活用した「プレスベンド鋼管の高能率製造プロセス」がこのたび、一般財団法人機械振興協会から「第13回新機械振興賞」の機械振興協会会長賞を受賞し、2月18日に機械振興会館(東京都港区)にて表彰式が行われました。

新機械振興賞は、我が国機械工業における技術開発の一層の促進を図るため、優秀な研究開発及びその成果の実用化によって、機械工業技術の進歩・発展に著しく寄与したと認められる企業・大学・研究機関及び研究開発担当者を表彰するものです。当社の新機械振興賞受賞は昨年の経済産業大臣賞に続き、3年連続5回目となります。

 

1.受賞案件
プレスベンド鋼管の高能率製造プロセス

2.受賞者
堀江 正之  当社 スチール研究所 圧延・加工プロセス研究部 主任研究員を代表とするグループ

3.開発技術の概要
世界のエネルギー需要が拡大を続ける中、天然ガスや石油の開発地域や開発環境は多様化しており、より遠方からの大規模かつ効率的な輸送のための厚肉・高強度の大型溶接鋼管の需要が高まっています。 このような厚肉・高強度の鋼管は、鋼板をプレスして曲げ加工する際に、数十回のプレスによって滑らかな円弧を得て製造していたため、能率および生産能力に課題がありました。 そこで、当社は、プレス曲げ後の鋼管の形状を効果的に矯正する技術を開発し、プレス回数を数十回から11回に削減した、高能率プレスベンド方式の大径鋼管製造設備『NEOプレス』を西日本製鉄所(福山地区)溶接管工場に2011年に設置し、世界最厚レベルの厚肉・高強度鋼管の高能率製造体制を確立しました。 本プロセスで製造した鋼管は、海外オイルメジャーが開発する大型プロジェクト向けの高級鋼管に採用され、エネルギーコストの低減、エネルギー供給の安定化に貢献しています。

当社は、今後もお客様のニーズにお応えできる最先端の技術革新・商品開発に注力してまいります。

※「NEOプレス®」はJFEスチール(株)の登録商標です。

【製造プロセス】

【製造プロセス】

 
【『NEOプレス』設備外観】 【『NEOプレス』で製造した鋼管】

【『NEOプレス』設備外観】【『NEOプレス』で製造した鋼管】

 

【写真】表彰式

表彰式
 
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166

ニュースリリース一覧へ戻る