ニュースリリース


JFEスチール株式会社

東日本製鉄所(千葉地区)第6コークス炉B団更新について

当社はこのたび、東日本製鉄所(千葉地区)第6コークス炉B団(51門)の更新を決定しました。着工は2016年下期、稼動は2018年中を予定しております。この更新により、全社でコークスの全量自給化が可能となり、大幅なコスト削減と競争力強化が見込まれます。

JFEグループの第5次中期経営計画において、当社は6500億円/3ヵ年規模の国内設備投資を計画しており、コークス炉更新もその施策の一つです。すでに当社の他コークス炉で実績のあるパドアップ工法を採用することにより、短工期かつ低コストな更新を目指します。また、稼動後はより効率的で、環境に配慮した操業も実現します。

当社は今後も、国内製造基盤の更なる強化を行い、世界トップクラスの製造実力の向上を目指してまいります。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03 (3597) 3166

ニュースリリース一覧へ戻る