ニュースリリース


JFEスチール株式会社

難加工部品用の成形技術を新開発

当社はこのたび、プレス加工が難しい難加工部品に適用できる、新しい成形技術を開発しました。この新技術は、通常二段階でのプレス加工のうち、一工程目の形状を最適形状に設計することで、難形状部の加工を可能にします。また、軟鋼から超ハイテン材まで強度にかかわらず適用できるため、部品の性能やデザイン性の向上、軽量化に貢献します。

従来より二段階でのプレス加工は行われていましたが、一工程目の形状設計は人の経験や勘に頼っており、難しいとされていました。そこで、今回新たに開発した技術では、一工程目の形状を論理的に算出された最適形状とし、二工程目の加工で製品形状にします。(図1)これにより、今まで鋼材では加工できなかった難加工部品でも成形することが可能になりました。

この新技術の実用例として、エアスポイラー一体型の自動車用バックドアを試作しました。エアスポイラーは、気流をコントロールし、降雨時の後方視界の確保するためのバックドア用部品です。デザイン性も高いため、多くのハッチバック車の後部ガラス上端部に取り付けられています。しかし、張り出しが大きい形状のため成形が難しく、現状では樹脂製の別部品が取り付けられています。また、樹脂部品は高価な上に、鋼材とのつなぎ目で見た目を損なうという問題もあります。そこで、今回開発した新しい成形技術を適用し、鋼板からエアスポイラーを一体で成形することで、デザイン性が高く、かつ低コストなバックドアの試作に成功しました。(図2(b)、図3)

今後、この新技術の実生産への適用に向けて、お客様との共同開発を積極的に行なってまいります。

【図1 開発技術】

(a) 従来技術(一工程成形) (b) 新開発技術(二工程成形)
【図1 開発技術】
  最適形状で成形(一工程目) 部品形状で成形(二工程目)
 

【図2 バックドア構造模式図】

(a) 従来のバックドア(中央断面模式図) (b) 鋼製スポイラー一体型バックドア
(中央断面模式図)

【図2 バックドア構造模式図】

 

【図3 スポイラー一体型バックドア試作品】

【図3 スポイラー一体型バックドア試作品】

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る