ニュースリリース


JFEスチール株式会社

ブラジル鉄鉱石事業関連資産の統合について

当社は、伊藤忠商事株式会社などと共に設立した日伯鉄鉱石株式会社および韓国・台湾の製鉄会社とコンソーシアムを組成し、ブラジルの鉄鉱石生産・販売会社Nacional Minerios S.A.(以下「NAMISA」)の株式40%を保有(うち当社の株式保有分は8.64%)していましたが、2014年11月25日付で発表した資産統合に関して、2015年11月30日付でNAMISAと、ブラジル鉄鋼会社Companhia Siderurgica Nacional(以下「CSN」)の鉱山部門を統合させる手続きを実行しました。

本統合により、日韓台コンソーシアムは保有するNAMISAの株式の40%を、CSNは保有するNAMISAの株式の60%、カザ・ジ・ペドラ鉱山及び鉄道会社株式・港湾使用権を新設の統合会社に移管します。カザ・ジ・ペドラ鉱山は世界有数の良質・大規模鉱山であり、優良鉱山およびインフラを一体で保有することで、世界的に高い競争力を有する事業となります。

なお、今回の統合と同時に、当社はCSNに対し統合会社株式の部分売却を行い、これにより統合会社への当社出資比率は約2%となります。

当社は本プロジェクトを通じ、高品位鉄鉱石の長期安定確保に努めてまいります。

【統合会社の概要】
会社名 : CONGONHAS MINERIOS(コンゴーニャス ミネリオス)
所在地 : ブラジル連邦共和国 ミナスジェライス州
事業内容 : 鉄鉱石生産・販売事業
株主 : Companhia Siderurgica Nacional、日韓台コンソーシアム

統合後ストラクチャー

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る