ニュースリリース


JFEスチール株式会社

株式会社東北マグネット インスティテュートの設立について
~革新的軟磁性合金 ナノメット®を活用した大学発JV~

当社はこのたび、産業競争力強化法に基づく官民イノベーションプログラム(*1)(文部科学省・経済産業省)で設立された東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社が運営するファンド、アルプス電気株式会社、NECトーキン株式会社、パナソニック株式会社、株式会社村田製作所と共同で、革新的軟磁性合金 ナノメット®(*2)の性能を更に向上させ、実用化することを目的として、株式会社東北マグネット インスティテュート(以下「TMI」)を設立しました。

東日本大震災以降、電気エネルギーの安全な製造方法と効率的使用が喫緊の社会的課題となっています。東北大学が開発したナノメット®は、変圧器やモーターといった製品に利用され、大幅なエネルギー消費の削減に寄与するものと期待されています。

今回設立したTMIは、ナノメット®組成を有する合金を用いたナノ結晶薄帯(*3)、ナノへテロ粉末(*4)およびナノ結晶粉末(*5)の製造販売を行い、出資民間企業5社は、この製造プロセスならびに製品の開発にあたります。当社は、TMIへの参画を通じ、ナノへテロ粉末ならびにナノ結晶粉末の実用化を目指した研究開発を行ってまいります。

(*1)官民イノベーションプログラム :
国立大学自らが、世界最高水準の独創的な研究開発に挑戦し、その成果を新産業の創出までつなげていくことにより、我が国社会の発展に寄与する機能を抜本的に強化することを目指し創設された、文部科学省の投資スキームプログラム。
 
(*2)革新的軟磁性合金 ナノメット® :
Fe(鉄)-Si(ケイ素)-B(ホウ素)-P(リン)-Cu(銅)合金溶湯を急速凝固して得られたα-Fe(フェライト)の核を含む不均一なアモルファス(非晶質)合金に対して、適切な熱処理を加えることにより10ナノメートルスケール(10万分の1mm)レベルの結晶制御が可能な、軟磁気特性を向上させた合金。東北大学 牧野彰宏教授を中心に開発された。
ナノメット®は牧野彰宏教授/NECトーキン(株)の登録商標。
 
(*3)ナノ結晶薄帯 :
ナノメット®組成を有し、適切な熱処理を加えることにより、10ナノメートルスケール
(10万分の1mm)レベルの結晶制御が可能な合金薄帯。
 
(*4)ナノへテロ粉末 :
ナノメット®組成を有し、熱処理を加えていない合金粉末。
 
(*5)ナノ結晶粉末 :
ナノメット®組成を有し、適切な熱処理を加えることにより、10ナノメートルスケール
(10万分の1mm)レベルの結晶制御が可能な合金粉末。
 

【TMIの会社概要】

社名 株式会社東北マグネット インスティテュート
(英語名)Tohoku Magnet Institute Co., Ltd
代表者 阿部 宗光
資本金 3億円(出資金の1/2)
設立 2015年11月5日
本社所在地 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
東北大学産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)
事業の目的 超低損失磁心材料の創出、集積、事業化、デファクト化
およびこれによる企業価値向上
本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。
JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る